NEW

ブログの配色を「集中力を高める色」に変更しました!

カテゴリー

【まとめ】抗血小板薬と抗凝固薬のゴロ・覚え方

G 血液

抗血小板薬、抗凝固薬とは

まず2つの違いについて。

  • 抗血小板薬=一次止血の阻害
  • 抗凝固薬=二次止血の阻害

一次止血は血小板が、二次止血は凝固因子がぞれぞれ活躍するんでしたね。

止血を阻害するので、どちらも血栓症に対する治療で使います。

特に、動脈血栓か静脈血栓化かで適応が変わります。※一般的な話で例外も多い!

  • 抗血小板薬=動脈血栓(脳梗塞など)の予防
  • 抗凝固薬=静脈血栓(肺塞栓症、DVTなど)の予防

止血を阻害するので副作用は易出血性(消化管、頭蓋内など)となります。

基本は一生内服であるため、手術時には何日か前から休薬したりと、注意が必要です。

アスピリン=A=動脈

ちちもげ
ちちもげ

いわゆる「血液をサラサラにするお薬」たちです。

抗血小板薬

一次止血では、破壊された血管内皮細胞に血小板が近づいた後

  1. 粘着(リストセチンによる)
  2. 凝集(ADPによる)
  3. サイトカイン放出(セロトニン、トロンボキサンなど)

という一連の流れが起きます。

検査では、出血時間が延長します。

抗血小板薬には、

  • アスピリン
  • シロスタゾール
  • クロピドグレル
  • プラスグレル
  • チクロピジン

などがあります。

詳しい作用機序は省きますが、血小板薬がどこを阻害しているかは覚えておきましょう。

アスピリン(バイアスピリン🄬)

作用機序:アラキドン酸カスケードにおいてCOXを阻害することで、下流のTXA2(トロンボキサン)を阻害する。

低用量では抗血小板薬として作用し、高容量では+消炎・鎮痛薬として作用する(いわゆるNSAIDs)。

アラキドン酸カスケードにおいてCOXを阻害するため、もう一つの経路であるLOXが促進してしまい、ロイコトリエン増加による気管支収縮=アスピリン喘息を引き起こす。

アスピリン喘息は若年女性に好発し、鼻ポリープや慢性副鼻腔炎を合併しやすい。

治療は気管支喘息と同じでOK。

シロスタゾール(プレタール🄬)

作用機序:セロトニン放出の抑制、TXA2放出を抑制

クロピドグレル(プラビックス🄬)

作用機序:ADP受容体を阻害することで、ADPを阻害

プラスグレル(エフィエント🄬)

作用機序:ADP受容体を阻害することで、ADPを阻害

チクロピジン(パナルジン🄬)

作用機序:ADP受容体を阻害することで、ADPを阻害

抗凝固薬

一次止血が終わると、今度は凝固因子による二次止血が始まります。

具体的には、

  1. 外因系凝固の活性化&内因系凝固の活性化
  2. Ⅹ→Ⅹa
  3. Ⅴ→Ⅴa
  4. Ⅱ(プロトロンビン)→Ⅱa(トロンビン)
  5. Ⅰ(フィブリノゲン)→Ⅰa(フィブリン)

特に阻害因子として活躍している以下のものも覚えておきましょう。

  • AT(アンチトロンビン)=Ⅱaを阻害
  • プロテインC,S=Ⅴaを阻害

検査では、外因系凝固因子が阻害されるとPT延長内因系凝固因子が阻害されるとAPTT延長がおきます。

ゴロも参考にどうぞ。

抗凝固薬には、

  • ヘパリン
  • ワルファリン
  • ダビガトラン
  • リバーロキサバン
  • エドキサバン
  • アピキサバン

などがあります。

ダビガトラン以降の4つの凝固薬は、DOAC(ドアック、直接経口抗凝固薬)と呼ばれています。

ヘパリン、ワルファリンと違って、凝固因子特異的に活性を「直接」阻害するという作用機序であるため、こう呼ばれています。

副作用としての出血が他の凝固薬より少ないのがポイントです。

ヘパリン

作用機序:AT(アンチトロンビン)の結合を促進することで、Ⅱa(トロンビン)などの活性を阻害する。

APTT(内因系凝固を反映)で正常の1.5~2倍にモニタリングし、拮抗薬(プロタミン)によって調整する。

速効性があり、増えるのも減るのも動きが速い。

ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)の既往歴のある患者は禁忌!

HIT患者では、血小板第4因子(凝固因子Ⅳじゃないよ)とヘパリンの複合体に対する抗体が産生されてトロンビンの過剰産生がおこることで、血小板減少症、血栓塞栓症を引き起こす。

ワルファリン(ワーファリン🄬)

作用機序:ビタミンKを阻害することで、Ⅱ、Ⅸ、Ⅶ、ⅩなどのビタミンK依存凝固因子を阻害。

PT-INRでの基準値は1.0だが、弁置換後などは2.0~3.0になるようにモニタリングする。

上がり過ぎた場合は拮抗薬(vitK)で調節。

遅効性で、増えるのも減るのも動きが遅い(調節が難しい)。

妊婦には禁忌!

胎盤を通過するため、胎児の催奇形性がおこります。妊婦にはヘパリンを使いましょう。

PTとPT-INRって違うの?

PTにおける値を、国際標準として換算した値がPT-INR。PTが正常であれば、PT-INRは1.0であり、PTが延長するほど、PT-INRは高値になる。

vitK依存因子の覚え方

ゴロ「肉(Ⅱ、Ⅸ)、納豆(Ⅶ、Ⅹ)、寿司(プロテインS、C)」

※納豆自体は、実際はビタミンKが豊富に含まれているため、ワルファリンに対して拮抗作用を示します。

ワルファリンの効き始め(低用量)ではむしろ凝固「阻害」因子を「阻害」してしまうため、血栓傾向になります!

内因系凝固因子(Ⅱ、Ⅸ、Ⅹ)も阻害するのに、どうしてPT(外因系を反映)でモニタリングするの?

ビタミンK依存凝固因子の半減期は、

  • Ⅶ(2~7時間)
  • Ⅸ(18~24時間)
  • Ⅹ(1~2日)
  • Ⅱ(2~5日)

の順に短いため、初期はPTが延長するが、続いてAPTTも延長する。

より鋭敏に反映している外因系でモニタリングしたほうが適している!

ダビガトラン(プラザキサ🄬)

作用機序:a(トロンビン)を阻害

拮抗薬:イダルシズマブ(※ダビガトラン以外のDOACの拮抗薬は、まだ開発中!)

NOAC 」と聞いたことがあるのだけど…。

new oral anticoagulants(新規経口凝固薬)の略で、DOACと同じものを指します。2011年以降から出てきました。

リバーロキサバン(イグザレルト🄬)

作用機序:aを阻害

エドキサバン(リクシアナ🄬)

作用機序:aを阻害

アピキサバン(エリキュース🄬)

作用機序:aを阻害

まとめ

抗血小板薬では、

  • TXA2を阻害=アスピリン、シロスタゾール
  • ADPを阻害=クロピドグレル、プラスグレル、チクロピジン

抗凝固薬では、

  • ATを阻害(→Ⅱa)=ヘパリン
  • vitKを阻害(→Ⅱ,Ⅸ,Ⅶ,Ⅹ,proteinC,S)=ワルファリン
  • aを阻害=ダビガトラン
  • aを阻害=リバーロキサバン、エドキサバン、アピキサバン

おまけ:外因系凝固

ゴロ「外でみんなでパーティ、わーい!」

外で→因系

みんなで→(Ⅲ)、Ⅶ

パーティー=PT(プロトロンビン時間)-INR

わーい=ルファリン

出典:オリジナル

解説

凝固因子とその検査、阻害薬までまとめて覚えたかったのでゴロを作りました。

Ⅲ番は実質機能していないなので、カッコにしました。

ちなみに内因系の凝固因子はⅫ、Ⅺ、Ⅸ、Ⅷで、検査はAPTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)、阻害薬はヘパリンです。

凝固カスケードの覚え方

凝固カスケードは外因系と内因系と共通系から成ります。

共通系に関わる凝固因子は、Ⅹ、Ⅴ、Ⅱ(プロトロンビン)、Ⅰ(フィブリノーゲン)です。

覚えかたは「10×5×2=1」です。

外因系と共通系だけ覚えて、残りが内因系と考えるのが早いです。

ちなみに「PT=2文字=Ⅲ、Ⅶ」「APTT=4文字=Ⅻ、Ⅺ、Ⅸ、Ⅷ」と文字数で対応もしています。

G 血液
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

MEDIGO
タイトルとURLをコピーしました