部活・恋愛・バイト

医学生の恋愛事情【モテたい】

部活・恋愛・バイト
この記事は約2分で読めます。

パートナーがいる場合

  1. 医学生同士(42%)
  2. パートナーなし(37%)
  3. 他学部のパートナー(20%)

※Twitter上アンケートより、閲覧を除いた256人が回答

医学部生同士の恋愛事情

どんな環境でも基本は自分と存在が近い人がパートナーになりやすいです。特に閉鎖的な医学部では内向的な意識が強く、その色が濃くでると考えられます。特に女子医学生のほとんどは、一度は自大学の男子医学生と付き合います。

逆に言えば「医学生だから」という理由で選んでいる人は少ないです。医学部生同士で付き合うのは、周辺に大学がない地方医大や単科の医科大などで顕著であり、単純に医学部生以外との出会いがないためと考えられます。

他学部生との恋愛事情

医学部男子×看護学部女子や薬学部女子が多い印象です。同じ医療系であるので話も通じやすく、近すぎない適度な距離感を保つことができます。

学内カップルが多い中で他学部と付き合う男子が多いのは、やはり他学部には可愛い女子が多いためと考えられます。特に看護学部は女子の分母が大きいため相対的に可愛い子も多くなります。

社会人との恋愛事情

医学部高学年になると、合コンや出会い系で捕まえたOLや、病院実習で関わった上級医との恋愛事情も増えてきます。

ただ医学部に限らず、やはり学生と社会人は基本的に上手くいかないことがほとんどです。

パートナーがいない場合

作らないタイプ

医学生という将来が確約された武器を存分に使って楽しんでおり、特に男子医学生に多いです。

学部内に彼女がいるのに外部で遊んでいたり、学部内で身体関係を多く持ち兄弟姉妹を多発させたりと、医学部内にはヤリ◯ン/ビッ◯たちが必ず潜んでいます。

ないタイプ

部活や勉強に一直線だったり、別れたばかりであったり、パートナーは「今は」特に必要ないと思っているタイプ。その気になればすぐ出来るのが特徴です。

できないタイプ

学内カップルが多いとはいえ、男子の方が人数が多いので必ず残ってしまう人が出ます。特に多浪や再受験生は年齢が大きく離れているため、医学部内での恋愛関係に入りづらいように感じます。

タイトルとURLをコピーしました