Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カテゴリー

医学部生活6年間の流れをまとめてみた

部活・恋愛・バイト

受験が終わり、春から晴れて医学部に入学する人達が出てくるころだと思います。

おめでとうございます。

これから初めてのことが沢山あり、戸惑うことも多いでしょう。

そんな新入生に向けて、私の知る限りの医学部生活について(経験したのは5年生までですが)まとめておきたいと思います。

あくまで自大学での経験がベースなので、多少カリキュラムや時期が異なることはご了承ください。

1年生前半

まずは周囲の人と仲良くなろう。

多浪や再受験も同じ新入生なので、とにかく変にイキらず大人しくすること。

特に出席番号連番や、同じクラスの中心人物は長い付き合いになるので、積極的に話しておこう。

そして新入生歓迎会が始まる。

同級生がなんとなく年齢や浪数で固まり出すため、新歓中も一緒に行動することになる。

ここで複数の部活の新歓に顔を出しておくと、他の同級生や上級生とも知り合えるチャンスにもなる。興味が少しでもあれば行ってみよう。

新歓でやらかすと、上級生の間で情報が回りブラックリスト入りすることも。お酒が飲める年齢の人は注意。

医学書も新歓で(エサとして)貰える場合が多いので、焦って購入しないように。

部活決定後も、新歓だけの関係と割り切らずにお世話になった上級生には挨拶すること。

また医学部では「部活入部は必須」という昭和時代のような雰囲気があり、この体制に批判も多い。

しかし無所属はほぼいないという事実もあるので、どこかしらの団体に所属しておくことを私はおすすめする。

様々な意見がある部活動に関しては以下の記事を参考に。

入ったが最後!?医学生の部活事情とは
こんにちは、ちちもげです。今回は医学生の部活・サークル事情についてまとめておきたいと思います。どんな部活・サークルがある?まず...

勉強に関しては、まだ医学系科目が始まらないので医学部に入学したという実感が湧かないと思う。

医学系科目以外で大事なものは「生物学」と「統計学」。

「生物学」は物理選択で受験した人にとっては最低限勉強しておいた方がいいし、「統計学」は医師になって論文を書くときに大事になる。

普通の大学生らしい生活が出来るのも前期だけなので、是非新しいことにチャレンジして有意義に使おう。

「1年生は遊んどけ」と上級生が言うのはあながち間違いじゃない。

最大のポイントは、顔を広くしておくと、後々1つの界隈で人間関係が悪くなっても別の界隈に逃げ込めるということ。

医学部という界隈は本当に狭く、合わない人がいてもなかなか遠ざけることが出来ないような環境である。また団体というものは後から入りづらい。

必要がない・合わないと判断すれば抜ければ良いだけので、部活だけでなくインカレ、サークル、バイトなど突っ込めるだけ頭を突っ込むことをおすすめする。

バイトは塾講師か飲食関係が一般的。詳しくは以下の記事を参考に。

意外と時給が低い?医学生のバイト事情とは
こんにちは、ちちもげです。 今回は医学生のバイト事情についてまとめておきます。 どんなバイトをしている人が多いのか? ...

そして、落ち着いたら高校や予備校の友達と近況報告をすること。

「医の中の蛙」にならないためにも、他学部の友達は絶対に大事にしよう。

1年生後半

 

段々と初期メンバーが崩壊し、気の合う友達同士の「真のグループ」が出来上がりはじめる。

またカップルも多発するが、ここで彼氏・彼女が出来なくても焦らないで欲しい。この時期に出来たカップルのほとんどは卒業までに必ず別れる。

「医学生」を武器に合コンやクラブで遊び始める人も出て来る。実際モテるのかどうかは以下の記事を参考に。

本当にモテるのか?医学生の恋愛事情とは
こんにちは、ちちもげです。 「医学部入学したらモテるよ」という言葉は本当なのか? やっぱり気になる医学生の恋愛事情についてまとめ...

夏休みには医学生だけの運動部の大会である「東医体(とういたい)/西医体(にしいたい)」に初参加することになる。

大会前の練習がキツくて部活を辞める人が続発する。むしろここで辞めないと、その後は辞めづらくなる。

勉強だけでなく運動もできる医学生が多く存在することを目の当たりにし、「文武両道!我医学生ぞ!」と感じるが、一部の優秀な生徒だけである。

一般人はどっちつかずにしておかないと、結局勉強が疎かになって留年する。

 

また、「解剖学」「組織学」などの基礎医学系科目が始まり、いよいよ医学部らしくなってきたと感じるであろう。

しかし同時に、わけのわからない勉強内容と圧倒的な量に絶望し、「受験期より入学後の方が勉強してる」と言いがち。

エナジードリンクと大量のレジュメを抱えて泣きながら勉強することになる。

ちなみに基礎医学の医学書はいずれ使わなくなるので購入は慎重に。解剖、組織、発生学に関してはレビューをしたので参考にどうぞ。

【医学書レビュー】解剖学
解剖学とは… 骨・筋肉・神経など、マクロな人体の構造を学ぶ。 実習で人体解剖を行う。 医学書には、図の分かりやすさというアトラス的な要素だけで...
【医学書レビュー】組織学
「組織学」とは… 細胞の種類や形など、顕微鏡でしか見れないミクロな人体の構造。 実習でスケッチを行う。 医学書では、「顕微鏡写真(アトラス)」...
【医学書レビュー】発生学
「発生学」とは… 受精卵からヒトが出来上がるまでの一連の流れ。 時間軸に沿って臓器ごとに様々な発生を遂げるので、生物よりは世界史を勉強するような感覚...

2年生

解剖実習が始まる。1検体につき2人~4人ほどで行う。

初回は張り詰めた空気の中、緊張した面持ちでメスを入れるが、(良い意味で)すぐ慣れる。

焼肉やスクランブルエッグが食べられなくなるなんて迷信。ある意味一般的な感覚とはもはや違う世界にいることを実感する。

法医にでもならない限り二度と検体を解剖させて頂くことはないので、事前に解剖学をしっかり学んで、この機会を無駄にしないように。

 

座学は引き続き「組織学」「生理学」などの基礎医学系で、科目数も格段に増える。

勉強量が増えることで「真面目さ」だけではどうにもできなくなり、本格的に留年者が出る平気で下位1/3ほど降り落とす大学もある。

「2年生が一番勉強した」と言う上級生もいるくらい、生き残りをかけて必死に勉強する時期。完全にバトルロワイヤル。

また、そろそろ医学部生活が体に馴染んでくるが、もうすでに他学部と話が合わないことを自覚しなければならない。

鼻血を「キーゼルバッハ部位からの出血」と言ってみても、医学生以外は「?」である。

3年生

座学が「循環器系」「呼吸器系」などの臨床系医学科目に変わる。

わけがわからなかった基礎医学と比べると、「病気」を扱うため医学部感が増して勉強が楽しくなる(はず)。

今までと勉強法も異なり、積み上げてきた基礎医学の知識に、新しい臨床医学の知識を全体的に要領良く取り入れるかたちに変わってくる。

しかし、基礎知識のない薄い臨床知識のみで3年生のテストは乗り越えられてしまうため、医学部生活で最も暇になる。(このような人はCBTで痛い目をみるのだが)

もし余裕を持ちたいなら、この時期からCBT対策の講義動画を見るなど勉強の土台を固めておくのも手。

また、上級生にも下級生にも知り合いが出来るため立ち位置が難しい時期でもある。

幹部として忙しい4年生を支えつつ、2年生の面倒もきちんと見なければいけないため、部活をしている人はおそらく大変。

4年生

部活では幹部学年となり、前半は新歓や東医体/西医体と全体的に忙しい。

大多数は夏で引退し、そこからすぐに病院実習を行う前の全国共通の適正試験である「CBT」&「OSCE」に向けて勉強を始める。

CBTはパソコンで行う試験で、問題がランダムで出題されるため全国の医学生一人一人問題が異なる。勉強範囲も広いうえに過去問も存在しないため、「病気がみえない」と心折れるが医学生も多い。

OSCEは模擬患者さんに対して実際に診察を行えるかを試験する。試験前はカップルでお互いにイチャイチャ診察しあうことが多い。

詳しくは以下の記事を参考に。

医学部生活最初の山場!医学部CBT対策
こんにちは、ちちもげです。今回は医学部CBTの対策をまとめておきました。 医学部CBTとは 共用試験マニュアル ...
知ってると差がつく医学部CBTのコツ
こんにちは、ちちもげです。 医学部CBTを受けた時、ぜひとも知っておきたかったことをまとめておきました。  医学部CBTのコツ 5選 ...
落ちると医師不適正?医学部OSCE対策
こんにちは、ちちもげです。医学部OSCE(オスキー)を受けてきたので、これから受ける人が知っておくと良いことをまとめました。医学部OSCEとはOSCEは、CBTと並んで医学生を病院実習に出していいかどうかの全国共通の試験です。CBTが「知識
【ちちもげ的】CBTまでの勉強内容と模試結果
はじめに 医学部CBTを控えている医学生に向けて、私(2017年度CBT受験者)の勉強過程と成績の推移をまとめておきます。 何を・どんな時期に・どのくら...
【成績公開】医学部CBT・OSCE体験記  
こんにちは、ちちもげです。 医学部CBT・OECEともに合格していたので、結果をまとめておきます。 CBT 正答率、IRT ...

どちらも初めての全国共通試験であるため、偏差値の低い医大ほど全体的に気合いが入る。また部活で忙しかった成績下位者が勉強し始めるため、成績上位者が転落して気まずくなるケースも。

合格後は一気に知識がついて、全員医学生らしくなる。

しかしこれでも国家試験の序の口レベル。上級生から見れば「ひよこ」、研修医から見れば「たまご」である。

また、カップルは病院実習前に整理されると言われており、別れと始まりの学年でもある。

内部で付き合っていた人が別れて、外部と付き合いだす例も多い。散々遊んでいた男子医学生が落ち着き始める。

この辺から下級生の顔と学年が一致しなくなる。特に2年生と3年生の区別がつかなくなる。

5年生

4年生後半~春休みごろから病院実習(通称・ポリクリ、BSL)が始まる。
拘束時間が格段に増えるため、定時バイトはほぼ不可能になり、今まで授業に出ずに試験だけ受けていた人たちが限界を迎える。
ポリクリ班は4~7人と少人数のため、班員の構成が非常に大事である。ムードメーカーや美人がいると何かとうまくいく。
実習内容としては、カルテを書いたり、回診に参加したりする。お互いの腕を出し合って採血実習も行う。不器用な人とペアになると恐怖でしかない。詳しいポリクリについては以下の記事を参考に。https://titimoge.com/2019/02/01/post-1295/

病院実習1年間まとめ
こんにちは、ちちもげです。 ようやくポリクリが全て終了したので各科の感想をまとめておきます。 完全に個人の意見・感想なので、専門のお医者様方...

病院内では出ると、上級医や他のメディカルスタッフ、患者さんと触れ合うことになり、将来の希望科や、研修先の病院、結婚、女医なら妊娠・出産のタイミングなど、将来を必然的に考え始めることになる。

また、医学生にも「マッチング」なる就活がある。

医学部に6年間通った後は、医師として2年間の研修が必須であるため、今のうちから病院見学(企業訪問)や病院説明会(企業説明会)に出かけることになる。

小旅行と題して、交通費を出してくれる僻地病院を見学しに行く人も。

マッチングについては以下の記事を参考に。マッチングの試験にはCBT結果が使われたりもするので、早めに考えるに越したことはない。

マッチングフェアで上手く立ち回るコツ
マッチングフェアで上手く立ち回るコツとは 初期研修医募集のためのマッチングフェアは、人も非常に多く開催時間も短いため、なかなか自分の希望通りの行動がしにくいで...
マッチングフェアで聞くべき5つの質問リスト
こんにちは、ちちもげです。マッチングフェアに行った時、いざ病院ブースで話を聞くことになると「何を質問していいか分からない!」ということになりがちだと思う...

現役だと同年代が社会人になる年齢である多いため、「早く医師になりたい」という意見と、「一生、医学生のままがいい」という意見が交錯する。

6年生

引き続き病院実習がある(通称クリクラ)。希望の診療科を回ることができるため、将来進みたい科を選ぶ人から、とにかく楽な科を選ぶ人まで様々。

夏にはマッチングの試験があり、秋には結果が発表される。大学病院に残る人、外部の大学病院に行く人、市中病院に行く人と様々。

倍率が高い病院を志望すると、普通にアンマッチとなり、二次募集、三次募集のある病院を探して這いずり回ることになる。

国家試験は1割が落ちるため、国試合格発表後まで研修先を決めず、空いた枠に滑り込もうとする勇者もいる。

クリクラが終わると、卒業試験がある。

正直、試験は大学によってかなり異なる。ポリクリの合間を縫って5年生から卒業試験が行われるところもあれば、CBT後は国家試験まで試験はないところもある。

卒試は、各科の教授が腕によりをかけて作った「プレ国試」のようなもの。統率を取らずに好き勝手作るので、国試よりもそれぞれの分野を深く追求してくるため、非常に難関。

国試合格率を見かけ上高くするため、国試に受かりそうもない人はここで留年させておこうという大学の魂胆が垣間見える。

2月中旬には、医学部のラスボス「国家試験」が待ち受けている。

9割が受かるため簡単そうに思えるが、毎年留年で削られてきた中で残った猛者たちの中からさらに1割も落ちることを考えれば、かなりのサバイバルである。

国試が終われば、人生最後の長期休みとなり、春からは新たな研修医(レジデント)として、病院でこき使われることになる。

まとめ

偏見も多少ありますが、だいたいこんな感じです。

海外医療に興味のある人は、クリクラで海外に行ったり、USMLE(アメリカの医師免許)取得のために、早いうちから勉強しておきましょう。

6年間、「どうして医学部に入ったのか」を見失わずに「どんな医師になりたいか」を見つけていくことを目標すると良いと思います。

新入生や下級生も、お互い頑張っていきましょう!応援しています!

部活・恋愛・バイト
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

ちちもげ.com