Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
114回国試まで9か月!ブログも夏使用になりました♪

【成績公開】医学部CBT・OSCE体験記  

CBT・OSCE・ポリクリ

こんにちは、ちちもげです。医学部CBT・OECEの結果が出揃ったのでまとめておきます。

Sponsored Link

CBT結果

正答率、IRT

  • 正答率:82.66%
  • IRT:535(問題の難易度を加味した正答率のようなもの) 

正答率に関しては、前日に解いたQB模試が81.5%だったので、そのままの結果となりました。本番の手ごたえよりは高い印象でした。

IRTに関しては、友達の結果と見比べると正答率は私の方が良いのにIRTは低く、 私はやや問題が簡単だったようです。

コアカリ、ブロック

  • A領域:87.50
  • B領域:75.00
  • C領域:87.50
  • D領域:83.33
  • E領域:84.44
  • F領域:81.81

コアカリごとの結果に関しては、B領域(公衆衛生)の正答率が低いですね。D、E領域に比べて出題比率が少ないため、QBを解いて満足していましたが、本番は本当に知らないことだらけで泣きそうでした。

  • 5肢択一:83.85
  • 多選択肢:85.71
  • 4連問:71.42

ブロックごとの結果は4連問の正答率が低いです。模試の全体結果を見てもそうなのですが、一般的に正解率は「4連問<5肢択一<多選択」が普通のようです。

グラフ

学内では、中の上の成績でした(映えなくてすみません)。普段の学内試験順位(最底辺)から考えると、私にとってはこれでもかなり良い成績です。

反省点

個人の反省としては、

  • 講義動画や参考書を中心に、もっと疾患についての理解を深めれば良かった(結局キーワードゲーになってしまい、4連問の正答率が悪かった)
  • 公衆衛生範囲の勉強が足りなかった(「公衆衛生がみえる」はかなり網羅しているので、頻出箇所だけでなく全部読むべきだった)

また、CBT落ちで留年した人は「QBの〇×だけで満足してしまった」そうです。現在そのような勉強法をしている人は注意した方がいいかもしれません。

90%越えを目指すには

正答率が93%だった友人の話をまとめてみたところ、

  • 普段から真面目&高成績
  • 本番は75%は確実に取れてる手ごたえ
  • CBTの勉強というより、国試の勉強をしている
  • QBはたまに解くぐらいで、メインじゃない
  • むしろ勉強という概念を超えて、疾患の探求に走っている

QBにこだわるのではなく、ひたすらレビューブックなどの参考書を読んで、疾患について理解している印象でした。優秀な人たちは「CBTだから」ではなく、やはり普段から国試に向けて学習するという姿勢が強い印象でした。

Sponsored Link

OSCE

本番の状況

対策として、前々日に一通り動画を見て、前日に友達と2~3周ほど課題を練習しました。1週間前からみっちり練習していた人もいるので、少ない方だったと思います。

本番はかなり緊張しました。試験監督、模擬患者さん、評価者が並ぶなかで1人で医者役を演じるのは結構恥ずかしいです。

ステーションに入ってすぐに手の消毒と課題の確認、「始めてください」のアナウンスとともにフルスピードに課題をこなします。わずか5分の診察なので回転が速く、すぐ次のステーションに向かわなければいけない忙しさでした。30分間に5回も手指アルコール消毒をしました(笑)

失敗したこと

私は「救急」が最初だったのですが、テンパり過ぎてAEDを頼むことを忘れました。

練習では応援を呼ぶと3人が駆け付け、それぞれ院内119、救急カート、AEDを頼むのですが、本番では1人しか来なかったため院内119を頼んでその人を返してしまいました(1人に全てのことを頼めばいい話)。すぐ気づいてもう一度応援を呼び、ギリギリ電気ショックまで行うことが出来ましたが、持ってこさせなかったら多分落ちてました(笑)

「医療面接」はほとんど練習しなかったので心配でしたが、オウム返し、メモ取り、秘儀「それはお辛いですね」でなんとか時間を稼ぎました。

結果グラフ

前述のとおり、救急がやはり低いです。そのほかは平均でした。

OSCEに落ちる人

一応追試がありますが、OSCEはほぼ落ちません。ですので落第者はコミュ障だ、人格破綻者だ、と言いたい放題の始末です。

落ちやすいのは「神経診察」と「医療面接」です。神経診察は課題が多く、スピーディーに行わないと時間切れになります。医療面接は私の大学では落第者が一番多く、患者さんに何を質問したらいいかを考えすぎて長時間黙ってしまったという理由が最多でした。

また、どの分野においてもまずいのが体位のミスです。 座位、立位、仰臥位の体位を間違えると確実に落ちます。座位のままのアキレス腱反射、腹部打診はアウトです。

Sponsored Link

まとめ

何はともあれ、CBT・OSCE両方に合格していて本当に良かったです。

CBTでは「絶対落ちた!」と思っても、問題の当たりが悪かっただけでIRTは平均越えの友達もいました。結果待ちの人は諦めないでください。 OSCEは意外な人が落第していました。気を抜かずに対策しましょう。

これからCBT、OSCEを受験する後輩たちには、たくさん勉強して自分の知識に自信を持って本番に臨んで欲しいです。応援しています!