Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【2018春・東京】レジナビフェア体験記

病院見学・マッチング

こんにちは、ちちもげです。

2018年3月18日、5年生の春休みに初めて「レジナビ フェア」に行ってきました。

医学生なら卒業までに1度は参加するであろうこのイベントですが、初回はよく分からないまま終わってしまいがちですよね。

今回は、参加前にぜひ知っておくと良いことをまとめておきます!

Sponsored Link

レジナビ フェアとは

レジナビ フェアは、各地の病院がそれぞれブースに出展し、初期研修先を探す医学生に向けてアピールするイベントです。

就活性に例えると、いわば合同企業説明会です。

春や夏などの長期休みに東京、大阪、福岡などの主要都市で開催されています。

夏休み×東京ビッグサイトが1番大きいです!

行ったほうがいいの?

在籍大学の大学病院で研修する予定ならば行く必要はないと私は思います。

市中病院や他大の大学病院に興味がある人は見に行きましょう。

会場に着く前に

医学生の服装はスーツです(私服はかなり浮くのでやめましょう)。

会場までは直通バスが出ていることもあるので、確認しておくことをおすすめします。

到着する時間帯ですが、とにかくいろんな病院を見たいなら朝イチ(MAX10個)、見たい病院が決まっているなら昼過ぎ(MAX5個)で大丈夫です。

公式HPから出展している病院を確認できるので、出来れば事前に見たいところを決めておきましょう。

会場に着いたら

広い会場に各病院のブースがそれぞれ並んでいます。

入り口で自分の名札を書いて、全体の地図をもらいましょう。

会場では呼び込み(キャッチ)が激しく、フラフラ歩いてると興味のない病院ブースに連れていかれたり、パンフレットを無理やり渡されたりします。

時間との闘いなので、時には強い意志で断るのも大切です。

どこを見たらいいか分からない…

ブースを見に行く前にコンシェルジュを利用しましょう。

コンシェルジュとは、自分の希望を提示すると、あらゆるデータからおすすめの病院を探してくれるサービスのことです。

研修先をサッパリ決めていない人でも相談出来るので、会場に着いたらまずは予約しましょう。

まとめ

今回は、レジナビ フェアについて紹介しました。

実際に行ってみると、膨大な数のブースと呼び込みの激しさに圧倒されます。

自分がしたいように行動するため、しっかりとイメトレしておきましょう。