Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カテゴリー

病院実習1年間まとめ

CBT・OSCE・ポリクリ

こんにちは、ちちもげです。

ようやくポリクリが全て終了したので各科の感想をまとめておきます。

完全に個人の意見・感想なので、専門のお医者様方はあまり目くじら立てずに読んでくれると嬉しいです。

メジャー

循環器内科

カンファレンスやカルテで、「ドアック」「エルバド」「ノリア」「キャブ」など当時は知らない英語や略語が飛び交っていた

頭のキレる、エリートな先生が多かった。

日本語が見当たらない

心臓血管外科

体外循環装置によって動いていた心臓を一旦止めるという行為に感動。

一瞬心臓外科医を目指したくなった。

海外留学必須で、カリスマ性のある先生が多かった。

#明治THEチョコレート大喜利

呼吸器外科

オペは肺癌&肺癌&肺癌。

「悲」しい…

胸腔鏡実習はゲーム感覚で楽しく、個人的に興味を持った(ので呼外サマースクールにまで行った)。

とにかくタバコが死ぬほど嫌いで、厳しい先生が多かった。

私は呼吸器外科のことを「こきげ」と呼んでいたが、意外とマイナーだった。

「るんげ」なんて呼称も

呼吸器内科

呼吸機能検査(スパイロメトリー)を実際に体験した。

非常に苦しく大変な検査で、患者さんの協力と技師さんの技量による賜物だと感じた。

呼外同様、厳しい先生が多かった。

この掛け声がとても大事

マイナー

眼科

編集中

耳鼻科

意外と分野が広いことに驚いた。

温度眼振検査では耳に水を入れて頭位を変えるので少々気持ち悪くなるのだが、スキューバダイビングが趣味の班員は平気そうだった(さすが!)。

「バナナー!」

 

 

整形外科

ノリが良く、お酒好きな先生が多い。

カナヅチやボルトなどを使うので大工さんっぽいが、雑そうに見えて実は数mm単位で骨端などを調整している。

術中は色々飛び散るので宇宙飛行士のような特殊なオペ着を着るのだが、中は死ぬほど暑いらしい(一応扇風機が服に付いている)。

トンカントンカン

精神科

ちょっと変わっていて、話好きな先生が多い。

ラフな服装だなーと思ったら、自傷他害の恐れがある患者を相手にするため、ネクタイは危険なのでつけないそう。

形成外科

「美容」のイメージが強かったが、一緒にしてはいけないと悟る。

アンプタや熱傷などの見た目のダメージは、内臓よりも人間らしさを感じるためキツかった。

麻酔科

とにかく朝が早い。(眠すぎる)

先生は、術中は正直「暇なのかな?」と思ったが、急変時は一番テキパキしていた。

研修医がてこずっていた腰椎麻酔を先生が一発で決め、めちゃくちゃカッコよかった。

指ハート

救急

当直させてもらった。

午前3時なのに先生たちが昼間のようにイキイキと働いていて、時空が歪んだのかと思った。

 

 

 

CBT・OSCE・ポリクリ
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

ちちもげ.com