Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
114回国試まで9か月!ブログも夏使用になりました♪

急性・慢性中耳炎の起因菌のゴロ

S 耳鼻咽喉科

起因菌

急性中耳炎の起因菌としては肺炎球菌とインフルエンザ桿菌で90%を占め、モラクセラなんかも国試には出題されたことがあるようです。

ちなみに滲出性中耳炎は耳管の狭窄が原因なので、感染性ではありません。

急性中耳炎や滲出性中耳炎を繰り返すと鼓膜が穿孔し、慢性中耳炎へ移行しますね。

慢性中耳炎の起因菌としては黄色ブドウ球菌や緑膿菌などがあります。

ゴロ「敗因はブリのせい」

急性中耳炎

敗→肺炎球菌

因→インフルエンザ桿菌

慢性中耳炎

ブ→(黄色・表皮)ブドウ球菌

リの→緑膿菌

解説

正直ゴロを使わなくても、理由を考えれば覚えられます。

急性中耳炎は耳管咽頭口からの感染であり、起因菌は市中肺炎のTOP1&2です。先行感染や発熱があることと結びつければ理解しやすいかと思います。

慢性中耳炎は穿孔必須ですので、耳管からではなく外耳から感染します。したがって起因菌は皮膚常在菌であるブドウ球菌が多いです。抗菌薬使用によって緑膿菌やMRSAなどが増えていることもポイントです。