X 耳鼻咽喉科

耳鼻科の解剖生理まとめと語呂合わせ・覚え方

X 耳鼻咽喉科
この記事は約3分で読めます。

4つの副鼻腔

副鼻腔は4つです。

ゴロ「市長になり愕然とする

市→篩骨洞

長→蝶形骨洞

愕→顎→上顎洞

然→前頭骨洞

副鼻腔の開口部

ゴロ「漉した茶を常備、全然需要なかったので涙した」

漉(こ)した→こし→後篩骨洞

茶→ちゃ→ちょ→蝶形骨洞

常備→上鼻道

全→前篩骨洞

然→前頭骨洞

需要→じゅ→じょ→上顎洞

なかった→中(なか)→中鼻道

涙→鼻涙管

した→下鼻道

ちちもげ
ちちもげ

イラストはけものフレンズよりアルパカです。元ネタはググってください。

解説

鼻涙管の開口部が下鼻道であることは、泣いた時に鼻水が出ることで実感できますね。

また副鼻腔の位置関係を知っていれば、上鼻道は後方ということだけでなんとかなります。

なすびの医学STUDY王国 より引用

105F18

開口部の位置を画像で解かせる問題が出てました。ぱっと見、上鼻道と答えそうな場所は嗅裂です。上鼻道はもっと後方ですよ!いいですね!!

中耳の構造物のゴロ

中耳の解剖

中耳は鼓膜〜窓までです。

耳小骨が存在し、音を伝えます。他には耳管が開口していること、顔面神経が通っていること、乳突蜂巣と繋がっていることが重要です。

ゴロ「鼓膜と付き合ってる前提論」

鼓膜と

ツ→ツチ骨

キ→キヌタ骨

ア→アブミ骨

前提論→ぜんてい・らん→前庭窓(卵円窓)

解説

耳小骨の並び順で「付き合ってる」というゴロを聞いたことがあったので、改良してアブミ骨が前庭窓=卵円窓に付着しているところまで覚えられるようにしました。

ちなみに蝸牛窓=正円窓です。消去法で解けますが、こちらも忘れないように。

104E18

鼓膜の外側からツチ骨柄が透けて見えています。

鼓膜が穿孔しているこの写真では、連続するキヌタ骨とアブミ骨が見えますね。

鼓膜に付着しているのはツチ骨「柄」で、ツチ骨「頭」ではないことに注意です。

画像診断まとめ より引用

加速度を感知する構造の覚え方

内耳

内耳には、身体のバランスを司る構造がいくつかあります。

まず耳石器と呼ばれる卵形嚢と球形嚢、それと三半規管の膨大部です。

難聴.com より引用

覚え方

卵形嚢=卵=横に転がる→平行加速度を感知

球形嚢=球=縦に弾む→垂直加速度を感知

膨大部=回転しながら膨らむフグをイメージ→回転加速度を感知

フグはプクーッと膨らむので膨大部の別名は「クプラ」です。

タイトルとURLをコピーしました