B 肝胆膵 H 感染症 K 血液

巨大脾腫をきたす疾患と脾摘適応疾患のゴロ・覚え方

B 肝胆膵
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

巨大脾腫をきたす疾患

ゴロ「巨大秘書マライア、困ってこんにゃくのせいにした」

巨大秘書→巨大脾腫

マライア→マラリア

困って→こまる→CML(慢性骨髄性白血病)

こんにゃく→もんみゃく→門脈圧亢進症

せい→せんい→骨髄線維症(MF)

した→血症(PV)

出典:不明

解説

通常、脾臓は触診で触れませんが、3倍ほどに膨れて巨脾になると触知可能になります。(小児は正常でやや触れることがあります)

脾腫により脾機能が亢進するので、赤血球や血小板が壊されて貧血や出血傾向をきたします。

症状によっては脾臓摘出術が考慮されます。ということで次のゴロです。

脾摘適応疾患

ゴロ「HAI脾摘」

H→遺伝性球状赤血球症(HS)

A→温式自己免疫性溶血性貧血(AIHA)

I→免疫性血小板減少性紫斑病(ITP)

出典:オリジナル

解説

脾臓摘出が適応となる3つの疾患です。

特にHSは絶対適応となります。

血液疾患以外では、脾腫瘍や脾機能亢進症などで行われます

タイトルとURLをコピーしました