N 小児

新生児マス・スクリーニングの語呂合わせ・覚え方

N 小児
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

新生児マス・スクリーニングを行う時期

語呂「マス・スクリーニングしな(4-7)!」

肌着を着た人のイラスト(赤ちゃん)

新生児マス・スクリーニングは、生後4〜7日(入院中)に行います。

んだ母乳を体内で代謝している状態で行わなければいけないので、出生直後には行いません。

おまけ:採血法

新生児の足踵から針を刺して採血し、指定の紙のに十分に染みこませます。

ちちもげ
ちちもげ

血液の二度漬けはあきまへんで。

※106E9

新生児マス・スクリーニング適応6疾患(従来)

下ネタ注意

ゴロ「ホモがデカチン、フェラしろ!」

ホモ→ホモシスチン尿症

が→ラクトース血症

デカ→先天性副腎皮質過形成症(21水酸化酵素欠損症など)

チン→クレチン症(先天性甲状腺機能低下症)

フェラ→フェニルケトン尿症

しろ→メープルシロップ尿症

出典:有名なもの

解説

従来行われていたのは以上の6疾患のみでした。

2011年よりタンデムマス法が導入されたことにより、同時に25疾患のスクリーニングが可能になりました。

ちなみに、最も発見率が高いのはクレチン症です。

タンデムマス法で行わないマス・スクリーニング疾患

下ネタ注意

ゴロ「デカチンはLサイズ」

デカ→副腎皮質過形成

チン→クレチン

エリサ→ELISA

出典:オリジナル

語呂「楽にボイトレ」

楽に→ガラクトース血症

ボイトレ(ボイストレーニング)→Beutler(ボイトラー)法

出典:オリジナル

解説

タンデムマス法は、アミノ酸・有機酸・脂肪酸代謝異常の疾患のみ行える方法です。

したがって、内分泌異常の疾患である副腎皮質過形成症とクレチン症はELISA糖質代謝異常の疾患であるガラクトース血症はBeutlerという、それぞれ違う方法で行います。

タイトルとURLをコピーしました