Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新生児マス・スクリーニング関連のゴロ

O 小児

行う時期

ゴロ「マス・スクリーニングしな(4-7)!」

新生児マス・スクリーニングは、母乳を飲んで代謝している状態で行わなければいけないので、出生直後には行いません。

また妊婦さんと赤ちゃんは産後1週間ほどで退院するので、入院している間に行います。

そのため、生後4〜7日という時期なんですね。

適応となる従来の6疾患

ゴロ「ホモがデカチン、フェラしろ!」

ホモ→ホモシスチン尿症

が→ラクトース血症

デカ→先天性副腎皮質過形成

チン→クレチン症(先天性甲状腺機能低下症)

フェラ→フェニルケトン尿症

しろ→メープルシロップ尿症

解説

かなりアウトなゴロですが、私が以前使っていた「ガメラほふく前進」よりは覚えやすいと思います。

このゴロは6疾患のみですが、2011年より適応が25疾患に拡大されています。流石に全部覚えるのは大変そうですね。

タンデムマス法で行わないもの

ゴロ「デカチンはエリサと楽にボイトレ」

デカチン→副腎皮質過形成症&クレチン

エリサ→ELISA法

楽に→ガラクトース血症

ボイトレ→ボイトラー→Beutler法

解説

適応が拡大された理由は、このタンデムマス法が導入されたことにあります。

この方法で検査をすると、一度の新生児の足底からの採血だけで数多くの疾患のスクリーニングが出来ます。

ただしタンデムマス法はアミノ酸代謝疾患でしか行えません。

内分泌疾患である副腎皮質過形成症とクレチン症、糖質代謝疾患であるガラクトース血症はそれぞれ違う方法で行うわけです。