Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
114回国試まで9か月!ブログも夏使用になりました♪

AIH、PBC、PSCの覚えかたまとめ

B 肝・胆・膵

大前提

AIH(自己免疫性炎)=肝細胞が×

PBC(原発性胆汁性胆管炎)=肝内の胆管細胞が×

PSC(原発性硬化性胆管炎)=肝内+肝外の胆管細胞が×

HLAの覚えかた

  • AIH→A→4=DR4
  • PBC→B→8=DR8

PSCで特有のHLAは不明です。

好発年齢の覚えかた

  • PBC+AIH→oB+Achan(おばちゃん=中年女性)
  • PSC→oSsan(おっさん=中年男性)+Shounen(少年=若年男性)

PSCの好発年齢は二峰性です。

合併症の覚えかた

AIH

  • 膠原病
  • PBCとのオーバーラップ

PBC

  • 膠原病
  • ビダミンD低下→骨粗鬆症
  • 脂質異常症
  • AIHとのオーバラップ
  • 肝硬変→食道・胃静脈瘤

PSC

  • UC
  • 胆管癌

解説

PBC、AIHは膠原病を合併しやすいです。中年女性=膠原病はイメージしやすいですよね!

PBCの合併症は胆汁鬱滞を理解していれば自ずと思い出せます。

コレステロールは胆汁と共に排泄されるものなので鬱滞すれば血中に留まるので高値になります。

また脂溶性であるビタミンDは胆汁によって吸収されやすくなるため、胆汁が鬱滞して消化管に排泄されないと吸収量も低下します。

PSCの好発年齢は若年男性であるため、UCを合併するのは比較的覚えやすいです。ゴロが好きな人は胆管癌は「牛(=UC)タン(=胆管癌)」で覚えましょう。

抗体の覚えかた

AIH(Ⅰ型)

  • 抗核抗体
  • 抗平滑筋抗体(平の字+A)
  • IgG上昇(平=ハゲ=薄毛のAGA)

膠原病では抗核抗体が陽性になることが多いため、抗平滑筋抗体は膠原病に合併したAIHを示す鑑別に大事な抗体です。

また膠原病症状やLE細胞陽性であるAIHを「ルポイド肝炎」と呼んだりするみたいです。

PBC

  • 抗ミトコンドリアM2抗体(胆汁性=氵=ミ)
  • IgM(MIトコンドリア)

私は皮膚筋炎で陽性になる「抗Mi-2抗体」とよく混ざりますが、関係ないので気をつけてください!

PSC

  • MPO-ANCA(高価なピアノ=硬化+P-ANCA)

陽性率は低いですが、意外とアンカ陽性疾患です。

おまけ:治療

基本的に胆汁排泄を促進させるウルソデオキシコール酸(UDCA)を肝庇護薬として投与します。(直接的な解決策ではないことに注意)

AIHは自己免疫疾患なのでステロイドが効きますが、PBC・PSCは病態も不明なところが多くステロイドは国試的には禁忌です。

病理所見はNASHなどと一緒にまた別でまとめようと思います!