Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
114回国試まで9か月!ブログも夏使用になりました♪

統合失調症でみられるSchneiderの一級症状の覚えかた

U 精神科
Sponsored Link

Schneider(シュナイダー)の一級症状

ゴロ「Schneider、ダッシュさせられ、もう限界と声で伝える」

ダッシュ→思考奪取

させられ→させられ体験(作為体験)

もう→妄想知覚

限界→(対話性)幻聴

声→考想化声(思考化声)

伝える→考想伝播(思考伝播)

解説

シュナイダーという精神学者が考えた統合失調症に特徴的な症状です。(離人症にも当てはまるので、正確なものではないみたいです)

イメージは、シュナイダーという犬が飼い主に走らされて「もう限界」と突然言葉を喋り出す感じです。

113回でも出てましたね。

おまけ「Bleuler(ブロイラー)の4A」

  1. Associations──連合弛緩
  2. Ambivalence──両価性
  3. Affect──感情表出異常
  4. Autism──自閉

シュナイダーよりもう少し後の時代でブロイラーという精神学者が考えたものです。

ちょっと覚えづらいかもしれません。