Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
114回国試まで9か月!ブログも夏使用になりました♪

糖尿病の診断基準のゴロ

D 代謝・内分泌
Sponsored Link

糖尿病

ゴロ「婿は早朝に良い風呂、2時間後いつも臭う、常に臭う」

婿は=HbA1c 6.5%

早朝に=空腹時(早朝に計測)血糖値

良い風呂=126 mg/dL

2時間後=75gOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)2時間値

臭う=200 mg/dL

常に=随時血糖値

臭う=200 mg/dL

解説

糖尿病の診断基準です。なんかめっちゃ臭そうですね。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー) は、糖と親和性の高いグルコヘモグロビンという物質で、「過去」の血糖コントロールの指標になります。

数ヶ月単位で変動するので、常にチェックするものではありません。

ゴロ後半の血糖値ラッシュは、「現在」の血糖コントロールを示します。

「過去」と「現在」、両方満たすと糖尿病ということですね。

75gOGTT

ちなみに75gOGTT(oral glucose tolerance test)はトレーラン®︎という激甘ソーダ水を飲む試験です。

飲みやすくするために炭酸を入れているらしいですが、それでも1本(225ml)飲み干すのは結構きついです。

血糖を上昇させるので、すでに診断が付いている患者には行いません。

血糖測定

指に細い針を刺して血を出し、機械に吸わせるとすぐに測定できます。

痛みは一瞬ですが、糖尿病患者さんは1日に何度も刺さなければならないのできつそうです…。

おまけ

膵島自己抗体(+)

Ⅰ型糖尿病で陽性になります。

抗GAD(ギャド)抗体、インスリン自己抗体(IAA)、膵島細胞抗体(ICA)など。

尿中Cペプチド

Ⅰ型糖尿病で低下します。

プロインスリンという前駆物質が、分解されてインスリンとCペプチドになります。

安定した物質なので尿中に排泄されたCペプチドを測ることで、インスリン分泌能が分かります。