Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

外因系凝固をまとめて覚えるゴロ

G 血液

外因系凝固

ゴロ「外でみんなでパーティ、わーい!」

外で→因系

みんなで→(Ⅲ)、Ⅶ

パーティー=PT(プロトロンビン時間)-INR

わーい=ルファリン

出典:オリジナル

解説

凝固因子とその検査、阻害薬までまとめて覚えたかったのでゴロを作りました。

Ⅲ番は実質機能していないなので、カッコにしました。

ちなみに内因系の凝固因子はⅫ、Ⅺ、Ⅸ、Ⅷで、検査はAPTT(活性化部分トロンボプラスチン時間)、阻害薬はヘパリンです。

おまけ:凝固カスケードの覚え方

凝固カスケードは外因系と内因系と共通系から成ります。

共通系に関わる凝固因子は、Ⅹ、Ⅴ、Ⅱ(プロトロンビン)、Ⅰ(フィブリノーゲン)です。

覚えかたは「10×5×2=1」です。

外因系と共通系だけ覚えて、残りが内因系と考えるのが早いです。

ちなみに「PT=2文字=Ⅲ、Ⅶ」「APTT=4文字=Ⅻ、Ⅺ、Ⅸ、Ⅷ」と文字数で対応もしています。