Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Batter症候群とGitelman症候群をまとめて覚えるゴロ

E 腎臓
Sponsored Link

チャネル異常がある場所と好発年齢

ゴロ「変なbaby、gentlemanにはほど遠い」

変な→ヘンレ上行脚のチャネル異常

baby(赤ちゃん)→Batter症候群&小児期発症

gentleman(紳士)→Gitelman症候群&成人発症

遠い=位尿細管のチャネル異常

解説

どちらも先天性の尿細管チャネル異常です。

Batter症候群は小児期に発症するヘンレ上行脚のチャネル異常、Gitelman症候群は成人で発症する遠位尿細管のチャネル異常が原因となります。

チャネル異常がある尿細管の部位」と「発症年齢」が大事なのでこれで覚えましょう。

ちちもげ
ちちもげ
変な赤ちゃんってどんな赤ちゃんなのか

症候としては、続発性アルドステロン症、(だが)血圧は横ばい~やや低下ということがポイントです。

理由はRAA系亢進による昇圧作用と、腎臓でのPG生成による降圧作用が拮抗するためだそうです。

出典:medic media(改変)

血中Mgと尿中Ca動態の覚え方

血中Mgに関して

Mgは本来ヘンレループで吸収されるので、フロセミド使用などで障害されると血中Mgは低下するはずです。

しかし、ヘンレループ障害であるBatter症候群では横ばいで、遠位尿細管障害であるGitelman症候群では血中Mgが低下します。

これはかなり例外的な動きで、機序を考え出すとキリがないのでこじつけで覚えます。

  • GitelmanはG→Mの順(Mgの逆)なので血中Mgは低下
  • BatterにはMgが含まれないので血中Mgは横ばい
出典:オリジナル

尿中Caに関して

Caに関しては、利尿薬で起こる副作用と同じです。

サイアザイド系利尿薬などの遠位尿細管障害ではCaを保持し、ループ利尿薬などのヘンレループ障害ではCa排泄は亢進します。

利尿薬の副作用を覚えていない場合は、アルファベット順のこじつけで覚えましょう。

  • Gitelman症候群→Ga→Caより後ろ→尿中Caが低下
  • Batter症候群→Ba→Caより前→尿中Caが上昇
出典:オリジナル

おまけ:Liddle症候群

Liddle症候群は、集合管のチャネル異常で、偽性アルドステロン症に分類されます。

Batter、Gitelman、Liddleと、チャネル異常部位がずれていくので「バグる」と覚えます。

こちらは血圧が上昇します。

出典:オリジナル