Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
114回国試まで9か月!ブログも夏使用になりました♪

拒絶反応とGVHDの頻出ポイントの覚え方

G 血液

拒絶反応とGVHD

どちらも移植で起こりますが、真逆の反応です。

Sponsored Link

拒絶反応

拒絶反応は、腎移植などでレシピエントのリンパ球がドナーの正常細胞を攻撃してしまうことです。

国試的に頻出なのは「発症時期」と「〜性免疫」です。

発症時期に関しては、超急性が〜24時間というのは想像がつきやすいと思います。

急性と慢性を分けるのが3ヶ月というのが覚えづらいです。

私はなんとなく慢性腎臓病の定義に「3ヶ月」があったことと結びつけて覚えています。

〜性免疫に関しては、液性→細胞性→液性交互に繰り返されることを覚えます。

Sponsored Link

GVHD(移植片対宿主病)

GVHDは、骨髄移植などでドナーのリンパ球がレシピエントの正常細胞を攻撃してしまうことです。

問題になりやすいのは「攻撃の標的臓器」です。

これは焼鳥で食べる部位として覚えます。

  • 皮膚=カワ
  • 消化管=モツ
  • 肝臓=レバー

おまけ:GVL(移植片対 腫瘍 効果)

ドナーのリンパ球がレシピエントの腫瘍細胞を攻撃するという良い効果です。

GVHDと混同しないように。