Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

多発性骨髄腫の症状と治療をまとめて覚えるゴロ

G 血液
Sponsored Link

多発性骨髄腫

ゴロ「タコカニクラブは、家でサボれ」

タコ→発性髄腫

カニ=クラブ=CRAB症状

  • 高Ca血症(Calcium elevation)
  • 腎障害(Renal dysfunction)→Bence Jones蛋白出現
  • 貧血(Anemia)
  • 骨障害(Bone lesion)→骨打ち抜き像(punched out lesion)、椎体圧迫骨折

家で→自移植(65歳以下)

サ→リドマイド ※難治例

ボ→ルデゾミブ(プロテアソーム阻害薬)

れ→ナリドミド(サリドマイド誘導体)

解説

抗癌剤の第一選択はボルテゾミブレナリドミドです。

再発例にはサリドマイドのほか、新薬のダラツムマブ(抗CD38抗体)も使われるそうです。

また移植ではMP療法(大量メルファラン+プレドニゾロン)を併用します。

癌の骨転移例にはデノスマブ(抗RANKL抗体 ) なんかも使われますね。