Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
114回国試まで9か月!ブログも夏使用になりました♪

高尿酸血症(痛風)の治療薬のゴロ

D 代謝・内分泌
Sponsored Link

高尿酸血症≠痛風

症状

高尿酸血症とは血液中の尿酸が7.0mg/dLを超えている状態で、尿酸はこの濃度を超えると尿酸塩結晶として析出し、関節包内に蓄積する。(この状態で10年近くは無症状)

そして、食べ・飲みすぎ、急な運動、治療薬などによって尿酸値が激しく変動すると、好中球が関節内に遊走して結晶を貪食し、痛風発作という激痛(が吹いてもい)が10日近く続く。

痛風の好発部位は足の親指の関節第一中趾節関節=MTP)や足関節など。

▼【112E28】左足の第一中足趾節関節に熱感と圧痛

尿酸は腎排泄されるため、尿路系に蓄積すると尿路結石や腎障害(痛風腎)の原因にもなる。また皮下に蓄積すると、耳などに肉芽組織(痛風結節)を形成する。

検査

患部から穿刺吸引すると、黄色混濁した間接液(ただし白血球数の上昇やGram染色での細菌は認められず感染は否定的)が引ける。

間接液を(偏光)顕微鏡で観察すると、尿酸塩結晶が針状を呈している。

▼【107G46】穿刺で得られた関節液顕微鏡写真(無染色)

Sponsored Link

治療

痛風発作に対する治療

痛風発作の前兆期(ピリピリとした痛み)にはコルヒチン、発作時の疼痛にはNSAIDs(ロキソニン、インドメタシンなど)を使用する。

コルヒチン適応疾患のゴロ

チン○ン痛い。スウィートにベロちゅー

チン○ン→コルヒチン

痛い→痛風

スウィートに→Sweet病

ベロ→Bechet病(眼痛)

ちゅー→家族性地中海熱(自己炎症性疾患)

高尿酸血症に対する治療

まず、アルコール(特にビール)やプリン体(カキやレバー)を多く含む食べ物の摂取を制限する。

食事制限に加えて、尿酸産生抑制薬または尿酸排泄促進薬を用いる。(腎障害がある場合は尿酸排泄促進薬は△

▼いわゆる痛風鍋(尿酸値爆上げするので国試的には禁忌)

尿酸産生抑制薬のゴロ

笛吹きはプリン作らない

笛吹きは→フェブキソスタット

プリン→アロプリノール

作らない→産生抑制

尿酸排泄促進薬のゴロ

プロは便座にマロンぶっこんで流す

プロは→プロベネシド

便座にマロン→ベンズブロマロン

ぶっこんで→ブコローム

流す→排泄促進

Sponsored Link

偽痛風との違い

痛風や偽痛風は結晶誘発性関節炎のうちのひとつ。

蓄積物質

偽痛風では、ピロリン酸カルシウム結晶が析出して蓄積する。「りの痛風」の名の通り、尿酸値は無関係。

関節液は黄色混濁であり痛風と同様だが、(偏光)顕微鏡で平行四辺形の結晶が観察出来る。

蓄積部位

偽痛風では、関節包だけでなく関節軟骨、靭帯、腱にも蓄積するため、その部位が石灰化してX線で白く映る。

全身の関節におこるが、好発部位は膝関節

▼【105I40】膝関節軟骨の線状石灰化

Sponsored Link

問題にチャレンジ

「痛風」に関連する医師国家試験の問題
medu4.com is the one-stop portal for medicians, where we can INPUT, OUTPUT and SHARE technical matters.