Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

出生前診断と時期のゴロ・覚え方

Q 産科

出生前診断と時期

ゴロ「16歳は重要だい」

16歳が→16週

重→毛検査@12週

要→水検査@16週

だい→児血採血@20週

※実施時期が16週±4週ということで、16が重要です

ちちもげ
ちちもげ

16歳(高校一年生)は重要な時期だよね(何が)

出典:オリジナル

解説

出生前診断には、絨毛検査、羊水検査、胎児血採血がある。

エコー下において母体のお腹に針を刺し、絨毛検査は胎盤を、胎児血採血は臍帯を探り当てて針を刺して細胞や血液を採ってくる。

羊水検査は探り当てる必要がない(刺して吸引するだけ)ので、上記2つに比べると流産などのリスクは低い。

検査では、胎児の遺伝子・染色体異常や、血液疾患(溶血など)が確認できる。

費用は10万近くする上、リスクもあるため、積極的に全員に行っていくものではない。