L 婦人科

BPSの項目とAFI・羊水ポケットの基準値の語呂合わせ・覚え方

L 婦人科
この記事は約3分で読めます。

BPS(biophysical profile scoring)

胎児のwell-being(元気かどうか)を判断するスコアリングです。

1項目に対して0点or2点で評価します(1点はないことがポイント)。

10点満点で、6点でNRFSの疑い、4点で強い疑い、2点で確定となります。

判定
2(正常)0(異常)
呼吸様運動30分に30秒以上続く運動が1回以上左記よりも運動が少ない
胎動30分に3回以上の運動左記よりも運動が少ない
筋緊張四肢の伸展および屈曲(手の開閉)左記よりも運動が少ない
羊水量2cm以上のポケットが1箇所以上ポケットが無いあるいは2cm未満
NST20分間に2回以上の胎動に一致した一過性頻脈(15秒以上15bpm以上の心拍数変化)左記に定義した一過性頻脈が少ない(reassuring)

BPS項目のゴロ「金曜のご期待」

楽しい飲み会のイラスト(私服)

金→緊張度

曜→水量 ※AFI・羊水ポケットで評価

の→NST(ンストレステスト)

ご期→こき→呼吸様運動

待→

出典:オリジナル

おまけ:modified BPS

NST と羊水量測定のみを用いた、簡便なBPSです。

modified BPS で異常を認めた症例のみ、精査(本来のBPS)を行うことで、十分スクリーニングできるとされています。

AFI・羊水ポケットのゴロはこちらからどうぞ。

AFI・羊水ポケット

ゴロ「ポケットにやにや小西くん」

影で笑う人のイラスト(男性)

ポケット→羊水ポケット(maximum vertical pocket=MVP)

にやにや→2~8cm

小西くん→5~24cm

AFI(amniotic fluid index)=羊水インデックス

出典:有名なもの

解説

胎児は羊水を飲み込んで、尿として排泄し、再び飲み込む…という一連の運動を行っています。

羊水量の過多・過小は、超音波断層法にて、羊水ポケット(MVP)と羊水インデックス(AFI)を測定することで判断します。

おまけ①:羊水過多・過小をきたす疾患

羊水過多

浸透圧利尿により尿量上昇→糖尿病合併妊娠

羊水を飲み込めない→消化管閉鎖、筋運動障害(筋ジストロフィーなど)、横隔膜ヘルニア

胎児内の液体が漏れる→無脳症、二分脊椎、腹壁破裂

羊水過小

尿が出せない→腎低・無形成、尿路閉鎖

胎盤機能不全→妊娠高血圧症候群、過期妊娠

子宮外に漏出→前期破水

おまけ②:Potter症候群

高度な羊水過小が持続することで、顔面や四肢の変形・肺低形成を伴う疾患。

タイトルとURLをコピーしました