Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アレルギー疾患と型の対応を覚えるゴロ

F 免疫・アレルギー・膠原病

アレルギー

アレルギーはCoombs and Gell分類でⅠ~Ⅳ(+Ⅴ)型に分けられます。

Ⅰ型(即時型)は、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショックなど、いかにもアレルギーっぽい疾患が並ぶので覚えやすいと思います。

Ⅳ型(遅延型)は、アレルギー性接触性皮膚炎、GVHDだけなので、すぐに覚えられます。

混ざりやすいのがⅡ型とⅢ型の疾患なので、Ⅱ型をゴロで覚えてⅢ型は消去法でいきます。

Ⅱ型アレルギー疾患のゴロ

二人のグッドな愛は不適合、それはバリ重い

二人→Ⅱ型

グッド→Goodpasture症候群(GPS)

愛は→AIHA(自己免疫性溶血性貧血)

不適合→Rh不適合妊娠

それ→IT→ITP(免疫性血小板減少性紫斑病)

は→橋本病

バ→Basedow病※Ⅴ型アレルギーに分類されることも

リ→リウマチ熱

重い→重症筋無力症(MG)※Ⅴ型アレルギーに分類されることも

解説

特にITP、AIHA、GPSは頻出なので絶対覚えましょう。

V型アレルギーとは、抗受容体抗体がみられる疾患で、機序はⅡ型アレルギーと同じです。

Basedou病では機能亢進、重症筋無力症では機能低下をおこすことが有名です。

出典:オリジナル