NEW

ブログの配色を「集中力を高める色」に変更しました!

カテゴリー

閉塞性/拘束性疾患の定義の覚え方

I 呼吸器

閉塞性疾患と拘束性疾患

見た目で覚えよう

閉塞性疾患:FEV1%(1秒率)≦70%

拘束性疾患:%VC≦80%

出典:オリジナル

解説

閉塞性疾患は「吸えるけど吐けない」状態で、どんどん肺に空気が貯まるので残気量が上昇します。

代表例はCOPDやDPB、LAMです。

拘束性疾患は「吐けるけど吸えない」状態で、肺が固くなり膨らまないので肺活量が低下します。

いわゆる間質性肺炎でおこります。

おまけ:「%」の位置による意味合い

FEV1%は、FEV1(1秒量)/FVC(努力肺活量)で定義され、1秒率と呼ばれます。

%FEV1は、FEV1/予測FEV1(健常人での予測1秒量)で定義され、パーセント1秒量と呼ばれます。

%VCもそうですが、前に%がつくと健常人との比になります。

COPDでは、閉塞性疾患の診断にはFEV1%を使いますが、重症度の診断には%FEV1を使うことも押さえておくと良いでしょう。

I 呼吸器
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

MEDIGO
タイトルとURLをコピーしました