I 呼吸器

肺癌(腺癌・扁平上皮癌・小細胞癌)の特徴のゴロ合わせ・覚え方

I 呼吸器
この記事は約3分で読めます。

原発性肺癌の種類

原発性肺癌の組織分類には、

  • 腺癌
  • 大細胞癌
  • 扁平上皮癌
  • 小細胞癌

などがあります。

非小細胞癌小細胞癌では病期による治療選択が異なるので、特に区別する必要があります。

それぞれの特徴をみていきましょう!

頻度別

組織分類においての頻度は、「名前の最初の1文字の画数」で覚えます。

頻度の高い順と、画数の多い順は一致します。

  • 1位(45%)=腺(13画)
  • 2位(25%)=扁(9画)平上皮癌
  • 3位(15%)=小(3画)細胞癌

大細胞癌について

大細胞癌は5%と少ないので、覚え方は省略します。

特徴として、hCGの上昇と、CTでのnotch sign(八つ頭状陰影)をきたすことは頭の片隅に入れておきましょう。

リスク因子と好発部位別

扁平上皮癌と小細胞癌に関しては、合わせて「SSSで覚えます。

まず、Smoke(喫煙)がリスクになるのは、Squamous&Small(扁平上皮癌と小細胞癌)です。

さらに、タバコ煙は気道から入ってくるので、両者は肺の中枢に好発することも覚えられます。

胸部X線所見としては、扁平上皮癌:空洞性病変や無気肺小細胞癌:肺門周囲のリンパ節腫大をきたしやすいです。

腺癌に関しては、扁平上皮癌と小細胞癌の逆を考えます

扁平上皮癌と小細胞癌のリスクが喫煙という自業自得なものであるのに対して、腺癌のリスクはEGFR変異(日本人・女性・非喫煙者に多い)と可哀そうなものです。

扁平上皮癌と小細胞癌は肺の中枢に好発しましたが、腺癌は肺の末梢に好発します。

胸部X線所見として、腺癌:胸膜陥入像、spiculaをきたしやすいです。

合併症別

小細胞癌の合併症のゴロ合わせ・覚え方

まず、小細胞癌は肺門周囲への転移が多いため、リンパ節転移による合併症を押さえます。

①縦郭リンパ節転移による上大静脈症候群

上大静脈が狭窄するので、顔面の浮腫や下行性の側副血行路ができます。

②左傍大動脈リンパ節転移による反回神経麻痺

左迷走神経は左大動脈弓を反回するので、障害されると嗄声がおこります。

次に、リンパ節転移以外の合併症を「Small Lung Cancer」のゴロ合わせで覚えます。

  • Small→SIADH
  • Lung→Lambert-Eaton症候群
  • Cancer→(異所性)Cushing症候群

小細胞癌は、ADHACTHなどのホルモンを異所性に産生します。

また、小細胞癌は傍腫瘍性神経症候群の原因として有名です。

抗VGCC抗体を産生してL-E症候群を引き起こしたり、抗Hu抗体を産生して脳脊髄炎を引き起こしたりします。

扁平上皮癌の合併症のゴロ合わせ・覚え方

扁平上皮癌の合併症は「3P」で覚えます。

  • 平(P)上皮癌
  • PTH-rP産生
  • Pancoast症候群

異所性PTHの産生により、高Ca低P血症になります。

Pancoast腫瘍(肺尖部の腫瘍)により、交感神経を傷害し、Horner症候群をひきおこします。

タイトルとURLをコピーしました