カテゴリー

原発性肺癌の組織分類と特徴の語呂合わせ・覚え方

I 呼吸器

原発性肺癌の組織分類

原発性肺癌の組織分類には、以下のものがあります。

  • 扁平上皮癌
  • 小細胞癌
  • 腺癌
  • 大細胞癌

分類によって特徴が異なるため、それぞれ丁寧に覚えましょう。

組織分類ごとの特徴

原発性肺癌で多い組織分類

組織分類においての頻度は、「名前の最初の1文字の画数」で覚えます。

頻度の高い順と、画数の多い順は一致します。

  • 1位(45%)=腺(13画)
  • 2位(25%)=扁(9画)平上皮癌
  • 3位(15%)=小(3画)細胞癌

原発性肺癌の好発部位とリスク因子

扁平上皮癌と小細胞癌

好発部位とリスク因子は、合わせて「SSSで覚えます。

まず、Smoke(喫煙)がリスクになるのは、Squamous&Small(扁平上皮癌と小細胞癌)です。

さらに、タバコ煙は気道から入ってくるので、両者は気道の近く(肺の中枢)に好発することも分かります。

X線・CTでの特徴も押さえておきましょう。どちらも肺の中枢でおこります。

  • 扁平上皮癌では無気肺をきたしやすい
  • 小細胞癌では肺門部リンパ節腫大をきたしやすい

腺癌

腺癌に関しては、扁平上皮癌と小細胞癌に対して、逆を考えます

扁平上皮癌と小細胞癌のリスクが喫煙という自業自得なのに対して、腺癌のリスクはEGFR変異(日本人・女性・非喫煙者に多い)と可哀そうなものです。

好発部位も、扁平上皮癌と小細胞癌は肺の中枢でしたが、腺癌は肺の末梢です。

X線・CTでの特徴も覚えておきましょう。もちろん肺の末梢でみられます。

  • 腺癌では胸膜陥入像、spiculaをきたしやすい

腫瘍マーカー

腫瘍マーカーは、別でまとめてあるので以下を参照して下さい。

合併症

小細胞癌の合併症「Small Lung Cancer」

Small→SIADH(腫瘍がADH産生)

Lung→Lambert-Eaton症候群(傍腫瘍性神経症候群)

Cancer→Cushing症候群(腫瘍がACTH産生)

※加えて「小→上→上大静脈症候群」も押さえておくと良いかも

出典:オリジナル

扁平上皮癌の合併症「ぺー→P」

上皮癌

PTH-rP産生(=高Ca血症)

Pancoast症候群

出典:medic media

治療薬

おまけ:大細胞癌

全体のうち5%と少ないので覚え方は省略しましたが、hCGの上昇と、CTでのnotch sign(八つ頭状陰影)をきたすことは頭の片隅に入れておきましょう。

I 呼吸器
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

MEDIGO
タイトルとURLをコピーしました