NEW

ブログの配色を「集中力を高める色」に変更しました!

カテゴリー

ドパミンR作動薬とドパミンR遮断薬を覚えるゴロ

J 神経

ドパミンについて

チロシン→L-ドーパ→ドパミンと生成される。

ドパミンは血液脳関門を通れない。

ドパミンが上昇しすぎると統合失調症に、低下しすぎるとパーキンソン病になるというシーソーの関係である。

ドパミン受容体遮断薬

ゴロ「ピンドン魔人ドドドール」

ピン→オランザピン、クエチアピン、ゾテピン、アモキサピンなど

ドン→リスペリドン、ドンペリドンなど

魔人→クロルプロマジン、レボメプロマジンなど

ド→スルピリ

ド→メトクロプラミ

ドール→ハロペリドールなど

※ピンドン=ドンペリニヨン ロゼのこと。ピンクのドンペリだからピンドン。

※魔人→力強そう→バーンと受容体を遮断、というイメージも追加でもっておくと「遮断薬」であることが強調されます。

出典:オリジナル

解説

ドパミン受容体遮断薬は

  • 抗精神病薬(→統合失調症)
  • 制吐薬(→消化管潰瘍)

として使われます。

ドパミン受容体作動薬

こちらは上記のゴロを除いたものとして、消去法で覚えます。

疾患との対応が出来ていると良いと思います。

疾患と薬の対応

抗Parkinson病薬:L-ドーパ、アマンタジン

アルツハイマー型認知症治療薬:メマンチン

先端巨大症、プロラクチノーマ治療薬:カベルゴリン、ブロモクリプチン

ADHD、ナルコレプシー治療薬:メチルフェニデート

むずむず脚症候群:プラミペキソール

麻酔薬:ケタミン

ヤクブーツ:アンフェタミン、メタンフェタミン、コカイン

J 神経T 精神科
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

MEDIGO
タイトルとURLをコピーしました