Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

精神科のクスリを覚えるゴロ

U 精神科

抗精神病薬

精神科のクスリ=精神病薬、統合失調症のクスリ=精神病薬

ゴロ「ピンドン魔人ドドドール」

ドパミン遮断薬のゴロで覚えます。

定型抗精神病薬(ハロペリドール、クロルプロマジン)と非定型抗精神病薬(オランザピン、リスペリドン)がある。

非定型~の方が、副作用(抗ドパミン作用=Parkinson症状など)が少ない。

ちなみにParkinson症状が出た場合は抗コリン薬で対処ドパミン作用薬は×)。

詳しくはこちら↓

抗うつ薬

「三」環形は=「ミ」

三環系抗うつ薬は、イプラミン、アトリプチン、クロプラミンなど。

四環系抗うつ薬は、マプロチリン、ミアンセリンなど。

四環系の方が副作用(賦活症候群など)が少ない。

SSRI=フル勃起パオーン

出典:オリジナル下ネタ注意

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、フルボキサミンとパロキセチ

SNRI(選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)もある。

モノアミン(セロトニンやノルアドレナリン)の再取り込みを阻害することで、モノアミンを増加させる。

※重度のうつ病では、薬物療法以外にも電気けいれん療法(ECT)が行われる。

気分安定薬

常に元気→電池切れない→リチウム(電池)→炭酸リチウム

躁病や双極性障害(躁+うつ)には、炭酸リチウム

躁病では、加えて抗てんかん薬(以下に示す)も有効。

抗てんかん薬

ゴロ「全部バカ」

般発作→ルプロ酸

分発作→ルバマゼピン

出典:有名なもの

抗不安薬

不安→眠れない→睡眠薬(ベンゾジアゼピン系)

強迫性障害、パニック障害、不安障害に適応。

これらの疾患ではベンゾジアゼピン系(ジアゼパム、クロナゼパム)に加えて、SSRIも有効です。

薬物療法以外では、認知行動療法、森田療法も有効です。

そのた

ゴロ「ナル子と気が散るデート」

ナルコレプシー、ADHD(気が散る)には、ドパミン作動薬であるメチルフェニデートが有効。

出典:オリジナル

ゴロ「脚をプラプラ」

むずむず症候群(レストレスレッグス症候群)では、ドパミン作動薬であるプラミペキソールが有効。

出典:オリジナル