Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カテゴリー

有機溶剤中毒と代謝産物の関係のゴロ・覚え方

O 中毒

有機溶剤中毒と代謝産物の関係

有機溶剤とは

英字新聞のイラスト

有機溶剤とは、「他の物質を溶かす性質をもつ有機化合物の総称」です。

塗装、印刷などの工場で使用されます。

特殊健康診断

有機溶剤を扱う(有害業務を行う)労働者は、半年に一回、特殊健康診断で尿検査を行い、有機溶剤の代謝産物を測定します。

有機溶剤は全体的に半減期が短いため、作業後すぐの排尿を検査に使用することが推奨されます。(例:馬尿酸の半減期は1時間半ほど)

有機溶剤中毒と代謝産物の関係

ゴロ「スッチーまで抱きしめちまっとるバカなノーマルおじさん、便に乗る」

スッチー→スチレン(神経障害)

まで→尿中マンデル酸

抱きし→キシレン(中枢神経障害)

めちま→メチル馬尿酸

っとる→トルエン(中枢神経障害)

馬鹿な→尿酸

ノーマル→ノルマルヘキサン(多発性神経炎)

おじさん→2,5-ヘキサンジオン

便(べん)に→ベンゼン(中枢神経障害、 再生不良性貧血白血病などの造血系腫瘍)

乗る→フェノール

出典:有名なものを合体させて改変

解説

有機溶剤の症状としては、やはり神経障害が多いです。

シンナーの主成分はトルエンということも忘れないでね。

おまけ:名前がそのままのもの

トリ/テトラクロロエチレン(神経障害、肝障害、腎障害)→トリクロロ酢酸

トリクロロエタン(中枢神経障害)→総塩化物

塩化炭素(肝障害、腎障害)→塩化炭素ー

N,N-ジメチルホルムアミド(肝障害)→n-メチルホルムアミド

タノール(神経炎)→タノール

O 中毒
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

ちちもげ.com