Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カテゴリー

尋常性乾癬の特徴をまとめて覚えるゴロ

U 皮膚科

尋常性乾癬

「銀常性KAM線Deス」

銀→白色の鱗屑を伴う境界明瞭な紅斑性局面

K→Kobner現象

A→Auspitz現象

M→Munro微小膿瘍(角層直下に形成される好中球による無菌性膿瘍)

線→光療法(PUVA)

De→ビタミンD外用療法

ス→(副腎皮質)テロイド外用療法

※ステロイドの内服は膿疱性乾癬を惹起しうるため禁忌。

出典:えさきち(改変)

解説

尋常性乾癬では、表皮のターンオーバーが亢進することで、細胞の過角化と不全角化がおこります。

見た目は、境界明瞭で、紅色丘疹~銀白色の厚い鱗屑を伴います。

爪に点状陥凹が出来るのも特徴的です。

病理では、表皮突起の棍棒状延長と真皮乳頭の突出がみられます。(表皮-真皮境界線の波線がギザギザと激しくなるイメージ)

Munro(マンロー)微小膿瘍は、角層直下に形成される好中球による無菌性膿瘍です。

菌状息肉症でみられるPautorie微小膿瘍と区別しましょう。

重症例では、ステロイドとVit.Dに加えて、シクロスポリン、メトトレキサート、レチノイドの内服も行います。

おまけ:〇〇微小膿瘍のゴロ ※下ネタ注意

ゴロ「乾いたマン〇で、息子ポッキリ、小声でNO…」

辛い表情の男性のイラスト(6段階)

乾いた→尋常性

マン〇で→Munro微小膿瘍(好中球による無菌性膿瘍)

息子→菌状肉症

ポッキリ→Pautrier微小膿瘍(Tリンパ球による無菌性膿瘍)

小声で→Kogoj(コゴイ)海綿状膿疱

NO→疱性乾癬

出典:オリジナル
U 皮膚科
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

ちちもげ.com