NEW

ブログの配色を「集中力を高める色」に変更しました!

カテゴリー

救急救命士の特定行為のゴロ・覚え方

N 救急

救急救命士の特定行為

ゴロ「救命士がエブリキル」

救急隊員のイラスト

エ→ピネフリン(アドレナリン)経「静脈」投与

ブ→ドウ糖液投与

リ→乳酸ンゲル液投与

キ→管挿管 ※さらに認定が必要

ル→ート(静脈路確保)

出典:オリジナル

解説

特定行為=医師の指示(これやって!)があれば行える医療行為です。

除細動、血糖測定、アドレナリン「皮下注」は、医師の包括的支持下で、救命士が自ら行えます。

生理食塩水の輸液は医師のみが行えます。

N 救急Y 公衆衛生
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

MEDIGO
タイトルとURLをコピーしました