Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カテゴリー

新生児の間ビ優位疾患+治療を覚えるゴロ

L 小児

新生児の間接ビリルビン優位疾患+治療

ゴロ「相田光の黄色い制服と乳」

「制服 黄色」の画像検索結果

相田→間→接ビリルビン優位

光→線療法(治療)

黄色い→

せい→理的黄疸

ふ→血液型適合妊娠(早発黄疸)

く→レチン症(遷延黄疸)

と乳→母乳性黄疸(遷延黄疸)

出典:オリジナル

解説

新生児黄疸の鑑別は、みられる時期と、直接または間接ビリルビンのどちらが優位か、が大切です。

まずはゴロで、間接ビリルビン優位のものを覚えてしまいましょう。

以下、個別に解説します。

生理的黄疸

生後2日~2週間でみらる黄疸は生理的(フツウ)です。

これより前にみられると早発黄疸、これより後にみられると遷延黄疸になります。

黄疸が生理的にみられる理由は以下の2つです。

  1. 溶血性貧血:胎児ヘモグロビン(HbF)から成人ヘモグロビン(HbA)にスイッチするため、HbFを持つ赤血球が破壊される
  2. グルクロン酸抱合(直接ビリルビンから間接ビリルビンへの変換)の低下:肝臓の未熟性による

早発黄疸:血液型不適合妊娠

まず、赤血球D抗原(-)の母親がD抗原(+)の子供を妊娠すると、母体に抗D抗体抗体が作られます。

次に、D抗原(+)の子供を妊娠した時に、母親の抗D抗体が子供のD抗原と結合し、赤血球を破壊します。

1の機序に当たります。

遷延黄疸:クレチン症

甲状腺ホルモンの低下により、肝臓を含む全身の代謝がダウンします。

2の機序に当たります。

ちなみに、クレチン症は新生児マス・スクリーニング疾患でもあります。

黄疸の治療

黄疸の治療には、光線療法と、交換輸血があります。

光線療法

「光線療法」の画像検索結果

脂溶性の間接ビリルビン(ZZ-Bil)は、青~緑色の光を当てることで、水溶性の直接ビリルビンの光学異性体(EZ-シクロBil)に変化します。

間接ビリルビン優位の新生児黄疸のみで有効です。

ちちもげ
ちちもげ

ブルーライトとサングラスという、サイバーなベイビー。

交換輸血

血液パック・輸血パックのイラスト

新生児の血液を新しい血液にまるまる交換してしまう方法です。

光線療法よりも重度の黄疸で適応される印象です。

L 小児
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

ちちもげ.com