Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カテゴリー

ピロリ菌の検査と除菌薬のゴロ・覚え方

A 消化管

ピロリ菌について

■

ヘリコバクター・ピロリ菌は、グラム陰性のらせん状桿菌です。

発見者はBarry James Marshallさんで、2005年にノーベル医学・生理学賞を受賞しています。

ウレアーゼ(尿素→二酸化炭素+アンモニアに分解)という酵素を持ちます。

ピロリ菌関連疾患

  • 食道:GERD(※諸説あり
  • 胃:胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃過形成ポリープ、胃癌、胃MALTリンパ腫
  • 血液:ITP、鉄欠乏性貧血

ピロリ菌の検査

(迅速)ウレアーゼ試験

科学の実験をしている人のイラスト(女性)

内視鏡で取ってきた粘膜を、尿素を含む試薬に加えると、ピロリ菌が持つウレアーゼが尿素を分解してアンモニアが発生しすることを利用した試験です。

フェノールフタレインを使用しているため、アンモニア(アルカリ性)により溶液がピンク色になります。

尿素呼気試験

ピロリ呼気検査のイラスト

C13標識 尿素(ユービット試薬)を吸い込むことで、ピロリ菌が持つウレアーゼが尿素を分解してC13をもつ二酸化炭素が増加することを利用した試験です。

吸い込む前後のC13量を比較します。

抗ピロリ菌IgG抗体測定

採血のイラスト(健康診断)

血清から、抗ピロリ菌IgG抗体があるかどうかを判断します。

採血のみで簡便なため、人間ドックで使われる検査です。

おまけ:ABC検診(胃がんリスク検診)

ABC検診とは、血液検査からピロリ菌感染の有無(血清ピロリ菌IgG抗体)と胃粘膜萎縮の程度(血清ペプシノゲン値)を測定することで、胃癌のリスク度を評価する検査です。

人間ドックで行われます。

ピロリ菌の除菌薬

ゴロ「PACMAN」

P→PPI

A→モキシシリン(ペニシリン系)

C→ラリスロマイシン(マクロライド系)

※上記3つを一次除菌で使用

M→トロニダゾール

※二次除菌でクラリスロマイシンの代わりに使用

A→Alchol

N→NG ※除菌中は飲酒禁止

出典:オリジナル

解説

上記の検査でピロリ菌が陽性で、半年以内の内視鏡検査で胃炎が判明している場合は、ピロリ除菌の適応となります。

1日2回、1週間、除菌薬(合剤)を内服します。

※ピロリ菌治療薬の合剤(ラベキュア®)

除菌中はアルコール摂取は禁止が原則です。

また、ペニシリンアレルギーがある場合はテトラサイクリン系やニューキノロン系を使う場合もあるそうです。

除菌後だけでなく、早期胃癌摘出後も定期的な内視鏡検査が必要になります。

A 消化管H 感染症
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

ちちもげ.com