Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カテゴリー

トリアージ(START法)のゴロ・覚え方

N 救急

トリアージとは

大事故・災害などで同時に多数の患者が出た時に、重症度によって治療する患者の優先順位をつけることです。

トリアージの方法は複数ありますが、日本では主に「START法」が使用されています。

ホリカ
ホリカ

ちなみ「triage」は「選別」を意味するフランス語に由来するよ。英語じゃないよ。

トリアージのポイント

タッグに規格がある

トリアージタッグのイラスト(数字)

3枚つづりのトリアージタッグをつけることで評価します。

上の枠に詳細を記入し、下の色部分をちぎります。

例)赤と判断したら、黄色以下をちぎって捨てる

ホリカ
ホリカ

英語じゃないけど、「tri(3)アージ」で覚えよう。

つける場所に優先順位がある

タッグは、右手首>左手首>右足首>左足首>首(頸部)の順に取り付けます。

例)右手に怪我があるなどでタッグを取りつけられない場合、左手首につける

ホリカ
ホリカ

「先生、首が無い場合はどうしたら」「それもう死んでます」ってブラックジョークがあるよね。

講習を受けた者なら誰でも行える

START法トリアージのイラスト(意識レベル)

医師でも看護師でも救命士でも、講習会を受けた者ならトリアージが行えます。

複数回行う

START法では、一次トリアージ(ふるい分け)の後に、二次トリアージ(並べ替え)を行います。

可能な限り、複数回行うのが鉄則です。

トリアージの覚え方

歩行者用の信号機のイラスト(LED・青)

緑→信号の歩行者マーク→歩ける

歩行が可能であれば、緑色(Ⅲ)と判断します。

黄色

赤色の判断基準に満たないが、歩けない場合は黄色(Ⅱ)と判断します。(消去法で覚える)

赤色

以下のゴロの基準をどれか1つでも満たした場合、赤色(Ⅰ)と判断します。

ゴロ「サンマルク(のパン)に狂って、指示に応じない」

クロワッサンのイラスト

サン→呼吸数30回/分以上

マルク→呼吸数回/分未満

に狂って→2CRT→CRT(毛細血管再充満時間)秒以上

指示に応じない(そのまま

※サンマルク…パン屋

出典:オリジナル

黒色

気道確保をしても呼吸が見られない場合は黒色(0)と判断します。

「死亡」ではなく、あくまで「救命不能」という判断です。

N 救急
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

ちちもげ.com