R 麻酔

【まとめ】人工呼吸器のモードと種類

R 麻酔
この記事は約2分で読めます。

人工呼吸器の分類

侵襲的かどうか(種類)

まずは、侵襲的かそうでないかで分けた分類である、IPPVとNPPVを覚えます。

気管挿管や気管切開をしたうえで行うものを、侵襲的陽圧換気IPPV:invasive Positive Pressure Ventilation)といいます。

鼻マスクをつけて行うものを、非侵襲的陽圧換気NPPV:Noninvasive Positive Pressure Ventilation)といいます。

IPPVの中でも気管切開をしている場合はTPPV(T:tracheostomy)と呼ばれます。

また、NPPVはNIPPV(nonIPPV)とも呼ばれることもあります。

ホリカ
ホリカ

ちなみにVentilationの訳は、「呼吸」とされることも「換気」とされることもあるよ。陽圧呼吸も陽圧換気も同じ意味だよ。

強制換気があるかどうか(換気様式)

次に、人工呼吸器による呼吸(強制換気)があるかどうかで分けた分類(すなわち換気様式)である、CMVとIMVについて覚えます。

持続的強制換気CMV:continuous mandatory ventilation)は、人工呼吸器が完全に換気を担うものです。

これと対になるのが、いわゆる「自発呼吸」で、強制換気を行わずに、そのまま患者の換気を残すものです。

両者の中間的立ち位置にあるのが、間欠的強制換気IMV:intermittent mandatory ventilation)で、患者の換気を残しつつも、時々人工呼吸器だけの換気を取り入れるものです。

まとめると、以下のようになります。

  • 全て強制換気→CMV
  • 時々強制換気→IMV
  • 強制換気なし→自発呼吸

また、先ほどのIPPVやNPPVと、CMVやIMVの関係性について説明しておきます。

IPPVでは全ての換気様式が使用できますが、NPPVでは「非侵襲的」という名前の通り強制換気を行うことが出来ません。

逆に言えば、自発呼吸のままにする(強制換気なし)ことは、IPPVでもNPPVでも可能です。

したがって、混同しないようにNPPVでは「maskCPAP」のようにモード名の前にmaskとつけて区別します。

これまでのことを表にまとめておきます。

種類換気様式強制換気自発呼吸
IPPV(侵襲的)CMV(持続的)×
IMV(間欠的)
自発呼吸×
NPPV(非侵襲的)自発呼吸×

ここからは、モードと設定について説明していきます。

タイトルとURLをコピーしました