R 麻酔

【まとめ】人工呼吸器のモードと種類

R 麻酔
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

モード

自発呼吸があるかないか

モードには、CMV、AMV、A/Cがあります。

調節換気(CMV:controlled mechanical ventilation)は、自発呼吸のない患者に用いる換気方式で、完全に人工呼吸器による換気を行います。

ホリカ
ホリカ

持続的強制換気の略語もCMVだったね。混同しないようにね!

反対に、補助換気(AMV:assisted mechanical ventilation)は、患者の自発呼吸に合わせて人工呼吸器が換気をサポートします。

部分的補助換気(Assist/Control)は、補助換気だけでは患者の自発呼吸が存在しなければ換気できないため、呼吸のない場合は調節換気を行うという、補助換気と調節換気を組み合わせたものです。

まとめると、以下のようになります。

  • 自発呼吸なし→CMV
  • 自発呼吸あり(不安定)→A/C
  • 自発呼吸あり(安定)→AMV

また、前述した換気様式であるCMV(持続)やIMVと何が違うかということについて説明しておきます。

CMV(調節)・A/C・AMVは「自発呼吸の有無」によって分類した、一般的に人工呼吸器のモードとして用いられる分類です。

CMV(持続)・IMVは、「強制換気の有無」によって分類したものです。

したがって、以下のような関係性が得られます。

  • 自発呼吸がない時(CMV)=強制換気が必須(CMV)
  • 自発呼吸が不安定な時(A/C)=時々強制換気が必要(IMV)
  • 自発呼吸が安定している時(AMV)=強制換気はいらない(自発呼吸)

要は同じものだと理解しておけば良いと思います。

ここからはさらに詳しくモードについて説明していきます。

調節換気(CMV)

CMV(調節)のさらに詳しいモードには、以下のようなものがあります。

  • IPPV(間欠的陽圧換気)
  • CPPV(持続的陽圧換気)
  • PCV(圧規定換気)
  • VCV(量規定換気)
  • IRV(吸呼気逆転換気)
  • HFV(高頻度呼気)
ホリカ
ホリカ

侵襲的陽圧換気の略語もIPPVだったね。混同しないようにね。

長くなってしまうので、今回はIPPVCPPVについての説明のみにしておきます。

IPPVとCPPVを理解するには、まず正常の呼吸を理解する必要があります。

正常の吸気は、横隔膜が下がることで胸腔内圧が下がって(陰圧がかかる)、自然に肺に空気が入っていきます。

しかし人工呼吸器による吸気は、横隔膜~のくだりを行わないため、無理やり空気を押し込んでいく(陽圧をかける)ことになります。

前者を陰圧呼吸、後者を陽圧呼吸といいます。

陽圧呼吸において、吸気時のみ陽圧をかけるものをIPPV、呼気時にも陽圧をかけるものをCPPVといいます。

※「呼気時に陽圧をかける」とは、肺が最後まで空気を吐き切らないように、人工呼吸器から空気を押し込んで中立の状態に持ち込むということです

部分的補助換気(A/C)

A/Cには、同期式間欠的強制換気SIMV:synchronized intermittent mandatory ventilation )というモードがあります。

人工呼吸器が強制換気をするタイミングを、本来自発呼吸があったはずのタイミングで行うという、なんとも理にかなったものです。

人工呼吸器の離脱時(ウェイニング)に有効とされ、頻用されるモードのひとつです。

補助換気(AMV)

AMVには、以下のモードがあります。

  • PSV(圧支持換気)
  • CPAP(持続的気道陽圧)
  • APRV
  • BIPAP

長くなってしまうので、今回はPSVCPAPについての説明のみにしておきます。

PSVは、吸気時に、さらに吸い込めるように後押ししてくれるモードです。

CPAP(シーパップ)は、呼気時に気道が潰れるまで吐いてしまわないようにPEEP(後述)をかけるモードです。

最初の方で説明したように、IPPVでは「CPAP」、NPPVでは「maskCPAP」と区別して呼称します。

おまけ①:BIPAP

CPAPマスクのイラスト

maskCPAPの商品名として「BIPAP®(バイパップ)」があります。

※A/Cのモード名「BIPAP(Bilevel Positive Airway Pressure)」とは異なります

「鼻マスク」「NPPV」「CPAP」「BIPAP」などは、現場の通称としてmaskCPAPを指すことが多いです。

おまけ②:モードの併用

今まで説明してきたモードは、併用することが可能です。

例えば自発呼吸が基本的にあるが、時々停止してしまうような人には、停止しそうなときはSIMVでカバーし、そもそもの自発呼吸はPSVでサポートする、なんてことも出来ます。

最後は設定についてです。

タイトルとURLをコピーしました