Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
カテゴリー

子宮内膜症の治療薬のゴロ・覚え方

K 産科・婦人科

子宮内膜症とは

エストロゲン依存性に子宮内膜が子宮外(卵巣・ダグラス窩・壁側腹膜など)で増殖してしまう病態です。

特に卵巣で増殖した場合を子宮内膜症性嚢胞(チョコレート嚢胞)と呼びます。

回数を重ねるごとに増強する月経痛(続発性月経困難症)がキーワードです。

子宮内膜症と子宮腺筋症と子宮筋腫の違い

子宮内膜子宮外で増殖したもの=子宮内膜症

子宮内膜子宮筋層内で増殖したもの=子宮腺筋症

子宮平滑筋子宮筋層内で増殖したもの=子宮筋腫

子宮内膜症の治療薬

ゴロ「チョコレート味のピルなんだ」

チョコレート→チョコレート嚢胞(子宮内膜症性嚢胞)

味→ア→GnRH(LHRH)ゴニスト

味→ジ→エノゲスト(黄体ホルモン)

ピル→(低用量)ピル

なんだ→だな→(低用量)ダナゾール

ホリカ
ホリカ

美味しそうだね。

出典:オリジナル

解説

エストロゲン依存性に子宮内膜が増殖するため、エストロゲンを増やさないようにする薬物療法が有効です。

GnRHアゴニストは、反復投与によってGnRH受容体をダウン・レギュレーションさせ、ゴナドトロピン(LH・FSH)の分泌低下、すなわちエストロゲンの分泌低下をおこします。

副作用としては、エストロゲン低下による「更年期障害」風の症状がみられます。

ダナゾールはテストステロン誘導体であり、エストロゲン(女性ホルモン)の代わりにテストステロン(男性ホルモン)を作るように働きかけます。

副作用としては、男性化作用があります。

GnRHアゴニストとダナゾールはエストロゲン分泌そのものを低下させるので、合わせて偽閉経療法と呼ばれます。

また、ピルジエノゲスト(黄体ホルモン)は、プロゲステロンを投与しつづけることでエストロゲン分泌を一定にします。

こちらはエストロゲンとプロゲステロンの分泌を一定に保つので、偽妊娠療法と呼ばれます。

薬物治療の第一選択は偽妊娠療法第二選択は偽閉経療法です。

エストロゲン依存性腫瘍(子宮腺筋症や子宮筋腫)も同様の治療を行います。

おまけ:子宮内膜症の外科治療

基本的に腹腔鏡下にて行います。

卵巣での増殖(チョコレート嚢胞)に対しては片側付属器切除、他の部位での増殖に対しては癒着の剥離や焼灼術などを行います。

K 産科・婦人科
この記事が「ためになった」「分かりやすかった」と思ったら、ぜひ誰かに共有してください。多くの人の目に留まることで、この記事はより良質で正確な内容に高まります。
フォローよろしくお願いします!

ちちもげ.com