L 婦人科

絨毛癌と侵入奇胎の治療薬の語呂合わせ・覚え方

L 婦人科
この記事は約2分で読めます。

侵入奇胎と絨毛癌とは

侵入奇胎と絨毛癌は、どちらも胞状奇胎後に絨毛成分が増殖することでおこる病態です。

胞状奇胎後で子宮内容除去術を受けた後に、再びhCG高値になることがキーワードです。

補足:胞状奇胎とは

受精が上手くいかず、精子同士、または卵子と2つの精子(合わせて3つ)で受精してしまうことで発生します。

精子同士での受精(2倍体)で出来る胞状奇胎を「全」胞状奇胎卵子と2つの精子の受精(3倍体)で出来る胞状奇胎を「部分」胞状奇胎といいます。

部分胞状奇胎は(異常だが)卵子と精子が揃った受精であるため、胎児成分が発生することが特徴です。

侵入奇胎と絨毛癌の違い

臨床的な鑑別点としては、再びhCGが高値になる時期が、6か月以内であれば侵入奇胎6か月以降であれば絨毛癌というものが有名です。

※111A21、子宮内容除去術から6か月以内にhCGが再び上昇=侵入奇胎

また、侵入奇胎は胞状奇胎からしか発生しませんが、絨毛癌は正常妊娠に続発することもあります。

加えて絨毛癌は骨盤外への浸潤や、肺への転移をおこしやすいです。

ホリカ
ホリカ

侵入奇胎よりも絨毛癌の方が、「悪い」イメージだね。

侵入奇胎と絨毛の治療薬

下ネタ注意

ゴロ「チンポアクメ」

チン→ビンブラスチン

ポ→エトシド

アク→アクチノマイシンD

メ→トトレキサート

出典:オリジナル

解説

第一選択は多剤併用化学療法による治療です。

※放射線療法は無効

ちなみにアクチノマイシンは、名前からも連想できる通り抗菌薬のひとつですが、抗癌作用を有することが分かっています。

タイトルとURLをコピーしました