A 公衆衛生

環境保健と公害の語呂合わせ・覚え方

この記事は約3分で読めます。

環境基本法で定められているもの

①公害の定義

『環境基本法』によると、公害とは、事業活動その他の人の活動に伴って生ずるものによって、人の健康又は生活環境に係る被害が生ずることです。

※典型7公害

  1. 大気汚染
  2. 水質汚濁
  3. 土壌汚染
  4. 騒音
  5. 振動
  6. 地盤沈下
  7. 悪臭

典型7公害の語呂合わせ・覚え方「握手待機で騒動、どうせ鎮火するお」

握手→悪臭

待機→大気汚染

騒→

動→振

どうせ→汚染

鎮火→地盤沈下

するお→

出典:オリジナル

おまけ:典型7公害の苦情件数(2017年度)

公害に対する苦情件数は長年減少傾向にありますが、新規受付は7万件弱あります。

苦情は、典型7公害に対するものが7割を占め、なかでも典型7公害のなかでは騒音と大気汚染が30%を越えます。

ホリカ
ホリカ

ちなみに典型7公害以外では、廃棄物投棄が40%と多いんだ。

②環境基本計画

『環境基本法』に基づく環境保全に関する総合的な施策を定めた計画です。

2018年に第五次環境基本計画が策定されました。(改定は6年ごと)

第五次環境基本計画では、以下のことが決められました。

  • SDGsやパリ協定の考え方を新しく取り入れる
  • パートナーシップを重視した分野横断的な6つの重点戦略(経済、国土、地域、暮らし、技術、国際)を設定し、各地域が自立・分散型の社会を形成し、地域資源等を補完し支え合う地域循環共生圏の創造を目指す
  • 環境リスク管理等の環境保全の取組は、重点戦略を支える環境政策として揺るぎなく着実に推進する

 

③環境基準の設定

大気汚染に関わる物質

大気汚染に関わる物質(11個)には環境基準が設定されています。

  1. SO2〈二酸化硫黄〉
  2. NO2〈二酸化窒素〉
  3. CO〈一酸化炭素〉
  4. SPM〈浮遊粒子状物質(Suspended Particulate Matter) 〉
  5. PM 2.5〈微小粒子状物質〉
  6. 光化学オキシダント
  7. ベンゼン
  8. トリクロロエチレン(C2HCl3
  9. テトラクロロエチレン(C2Cl4
  10. ジクロロメタン(CH2Cl2
  11. ダイオキシン類

ダイオキシンのみ『ダイオキシン類対策特別措置法』に規定されています(残りは『環境基本法』)。

また、水銀やヒ素などの9個の物質は、基準値ではなく指針値が設定されています。

そ→SOx

の→NOx

子→Co

不→SPM

幸→光化学オキシダント

ベ→ベンゼン

ド→トリクロロエチレン

で→テトラクロロエチレン

痔→ジクロロメタン

水質汚濁に関わる物質

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました