J 神経

MLF症候群の症状のゴロ合わせ・覚え方

J 神経
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

MLF症候群とは

MLF(内側縦束)は、橋~中脳に存在し、左右の動眼神経(Ⅲ)と外転神経(Ⅵ)をつないで眼球の協調運動を司っている神経線維です。

例えば、MLFが障害されると

  • 健側方向を偏視したとき、
  • 患眼は内転できない
  • 健眼は外転可能(ただし眼振をおこす)
  • 患側方向を偏視したときは正常
  • 輻輳(より目)は可能

という特徴的な症状がみられます。

左右の眼が違う方向を向くので、自覚症状として複視をきたします。

MLF症候群の原因には、脳動脈瘤や多発性硬化症〈MS〉などがあります。

MLF症候群の症状の語呂合わせ・覚え方

MLF:MLF症候群

けっこう:側方の偏視

かん:

ない:転障害

出典:Ping(改変)

おまけ:one-and-a-halh 症候群(核間性眼筋麻痺)

MLF症候群に同側のPPRF(傍正中橋網様体)の障害が加わった病態です。

具体的には、

  • 健側方向を偏視したとき、
  • 患眼は内転できない
  • 健眼は外転可能(ただし眼振をおこす)
  • 患側方向を偏視したとき、
  • 患側は外転できない
  • 健眼は内転できない
  • 輻輳(より目)は可能

という症状がおきます。

ホリカ
ホリカ

例えば、「両側のMLF症候群」と「右側のone-and-a-halh 症候群」の症状の違いは分かるかな? MLF、けっこう分かんないね…。

タイトルとURLをコピーしました